逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

戦火 と 正月 

新年をいかがおすごしでしたか
私は 今年も 母のお雑煮を食べることができました 多謝(トウシャ 台湾語)



年末から、私のパソコンメールには、ガザからの緊急メールが 毎日 届いています。

書き手はガザ・アル=アズハル大のアブデルワーヘド教授。
岡真理さんが翻訳しています。


ガザより
25の建物がイスラエルに空から攻撃された。建物はすべて地上レベルに崩れ去った。死者はすでに250名に達する。負傷者は何百人にものぼるが貧弱な設備しかないガザの病院では、彼らは行き場もない。電気も来ないが、ディーゼル発電機でなんとかこれを書いている。世界にメッセージを送るために。携帯電話もすべて使用できない!

ガザより2 27日午後6時
なんという光景だ。数分前、パレスチナ側のカッサーム・ロケットが飛んでいく音が聞こえた。続いて、もう一つ、そして爆発音。2発目は、パレスチナ人を標的にしていたイスラエルの機体から爆撃されたものと思われる。今、聴いたニュースによれば、イスラエルのアパッチ・ヘリが攻撃したのは、釣堀用の池のあるリクリエーション・グラウンドだという。シファー病院は、195人の遺体、570人の負傷者が同病院に運ばれていると声明を発表している。刻一刻と死傷者の数は増え続けている。これはガザ市だけの数字だ。ほかの町や村、難民キャンプからの公式の発表はない。自宅アパートの近くで末息子がスクール・バスを待っていたところ、以前、国境警備局があったところが攻撃された。息子が立っていたところから50メートルしか離れていないところで、男性二人と少女二人が即死した!
真っ暗な夜だ。小さな発電機を動かして、ネットを通じて世界と交信している。

ガザから緊急メール ↓

http://0000000000.net/p-navi/info/news/200812281315.htm

アブデルワーヘド教授の撮影した写真↓
http://picasaweb.google.com/tigrimpa/wLVhCF?feat=directlink#



--―★ キャンドル・ビジル  ★―--

1月10日(土)

ガザ空襲・侵攻に抗議と殺された人々の追悼の意を込めて  

18時半~20時頃  三条大橋 北側東詰め周辺 

ビジル【vigil】とは・・・「寝ずの番」「夜伽(よとぎ)」「お通夜」などの意。    

キャンドルを灯し、亡くなった方たちに思いをはせる集い。     

    http://pwkyoto.com/  

--―★  --―★ 


なにもできないまま、ぼんやりとお正月をすぎ 日常が くりかえされる日々、
せめて その痛みを想像したい。そして 祈りを・・・ ☆彡



10日、私は 在東京 なので、 東京の空の下 祈りの 朗読をしたいと思います。
[PR]
by anzu-ruyori | 2009-01-06 23:50 | 平和 自由