逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ガザ、「新しい天使」は、この戦火をみている

停戦しても、ガザ封鎖封鎖は、かわらない 

桑山紀彦医師からのたよりに、胸がつかれる
http://blog.e-stageone.org/


f0032106_2131384.gif

ベンヤミンの愛した「新しい天使」(作、パウル・クレー)は、このガザのカタストロフをみている。
「イスラエル博物館」で。

   






映画「レインボー」の上映と岡真理さんのお話を通して、「パレスチナ問題」の本質について考えるつどいに参加します。


日時:2009年1月29日(木) 18:30~20:30 (18:15開場)


場所:同志社大学今出川キャンパス 講武館1階KB104教室 http://www.doshisha.ac.jp/access/ima_campus.html

(地下鉄今出川駅下車徒歩5分、同志社中学校グラウンド前)



☆★特別上映につき参加費無料★☆


【上映作品】レインボー Rainbowパレスチナ/41分/監督:アブドゥッサラーム・シャハダ)占領下で破壊され、奪われ続けるパレスチナの人々の生活と生命。その痛み、悲しみをレンズに焼きつけるかのように、カメラはまわる。アース・ビジョン第14回地球環境映像祭アース・ビジョン大賞

【トーク】岡真理(おか・まり)さん京都大学大学院 人間・環境学研究科教員現代アラブ文学・第三世界フェミニズム思想を専攻著書に『アラブ、祈りとしての文学』、『記憶/物語』、『彼女の「正 しい」名前とは何か』、『棗椰子の木陰で』ほか
[PR]
by anzu-ruyori | 2009-01-19 21:25 | 平和 自由