逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

尹 東柱 の集い 5月17日@宇治

詩人、尹 東柱 YUN DONG-JUの想いを 今につなぐつどい

■と き:5月17日(日)13:30~16:30


【1部】詩の朗読(権貴玉、梶原玲子 杏さだ子)

【2部】ライヴ 趙 博 

■参加費:1000円(一般) 500円(学生)

■ところ:宇治市生涯学習センター
〒611-0021 宇治市宇治琵琶45-14
TEL 0774-39-9500 FAX 0774-39-9501 
  京阪宇治交通バス  琵琶台口停留所すぐ
  JR宇治駅から徒歩約15分
  京阪宇治駅から徒歩約25分    ※専用駐車場がありません。
                           公共交通機関をご利用ください

■主 催:
詩人尹東柱記念碑建立委員会
詩人尹東柱を偲ぶ京都の会


f0032106_23262023.jpg
宋友恵(ソンウヘ)著
愛沢革 訳
四六上製 560ページ
ISBN-13: 9784894346710
刊行日: 2009/02
定価: 6,825円
1945年2月16日、福岡刑務所で(おそらく人体実験によって)27歳の若さで非業の死を遂げた朝鮮人・学徒詩人。日本植民地支配下、創氏改名で「姓名」を、治安維持法で「言葉」を、投獄生活で「命」を奪われるも、失われゆく「朝鮮」に毅然として殉教し、死後、奇跡的に遺された手稿によって、その存在自体が朝鮮民族の「詩」となった詩人の生涯。
[PR]
by anzu-ruyori | 2009-05-12 23:28 | 平和 自由