逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ふりそでの少女をしっていますか?戦争展2009

f0032106_13194917.gif尹 東柱のつながりで、

「ふりそでの少女」のことを知った。



1945年8月9日の長崎への原爆投下で亡くなり
ふりそで姿で荼毘にふされた二人の少女がいた。

その場に偶然いあわせた中学生だった松添博さんが、後年 それを絵にして
絵本「ふりそでの少女」ができた。

その絵本がきっかけとなり、二人の少女が誰であったが、わかった。
上海からひきあげて 綾部に暮らしていた福留しなさんが、わが子の最後を
しったのは、そのときがはじめてだった。

少女の一人、美奈子ちゃんのモノクロの写真がある。
防空頭巾をかぶった美奈子ちゃんは、今にも 「お母さん!」と
声をだしそうだ。

戦後50年を経てお婆さんと中学生の交流からはじまった
二人の像の建立計画が、実をむすび、
1996年に、長崎平和資料館中庭に「未来を生きる子ら」という像が建立された。

未来を生きる子ら↓
http://yutaka901.fc2web.com/page2nax04c.html

ワスレテハイケナイ物語を紹介します。ぜひお越しください

8/9(日) 立命館大学国際平和ミュージアム 2階 k201教室

 絵本とビデオ「ふりそでの少女像を語り継ぐ」 10:50~11:40
 (ふりそでの少女像を語り継ぐ会)

プログラム
●絵本「ふりそでの少女」よみきかせ
        福井漻子 杏さだ子
●DVD上映(15分)2007.8.11放送 
        制作・著作NBC長崎放送 
●お話 藤田晴子さん(ふりそでの少女同級生) 
●うた ふりそでの少女 (作詞作曲 梅原司平)
       ギター 友情出演 阿部ひろ江さん
         (旅するフォークシンガー)

主催 宇治 ふりそでの少女を語り継ぐ会(紺谷)

また、この日の午後

8/9(日)13:00~15:00
「日本人‘慰安婦’の口を封じてきたものは何か」山下英愛さん(ハーグの会)
も、あわせて ご参加ください。

戦争展2009↓
http://homepage2.nifty.com/kikanshi-keiji/sensouten09.html
[PR]
by anzu-ruyori | 2009-07-17 13:29 | 平和 自由