逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上関原発埋め立て工事強行!

上関原発の埋め立て工事用 ブイが 今朝未明 7つ 設置されました。

またも、ずるいやりかたで
http://blog.shimabito.net/

祝島のおばちゃんたちは、「祝島は、海を売ちょらん!」と 怒ってられます。



f0032106_1625369.jpg

おばちゃんたちは、27年前から、ずっと 原発反対といい続けています。

毎週月曜日のデモは、小さいけれど 強い意志の表れです。

農業と漁業が、生活の基盤である祝島の人たちのくらしが、原発でかわってしまいます。

そして、私たちのくらしも・・・。





かつて、私が原発の危険性をしった30年ほど前、原発は日本に37基といわれていました。
今は、57基です。青森六ヶ所村の再処理施設の反対が大きな声で叫ばれていました。

ところが、一昨年私は六ヶ所村に、巨大な施設ができていることをしりました。
ものすごく ショックでした。私が、六ヶ所のことを忘れている間に再処理施設は着々と建設され
かつて、それに反対していた人たちまでも、そこで働いているのです。

上関原発の建設を、なんとかとめたい。
中国電力に電話しました。



どうして、もっと 安全でクリーンなエネルギーが推進されないのか!

スウェーデンでは、12年前から、「何でつくられて電気か」を選択して、買うことができるのです。

風力発電の電気を購入している男性が、「日本もそうだろう?」ときいていました。

(鎌中ひとみさん作、ぶんぶん通信1より)


落胆、悲嘆、絶望、でも、希望をもって 新しい世界をイメージすることが大切!

世の中は、少しづつ よくなっていると 信じたい。
[PR]
by anzu-ruyori | 2009-10-29 16:43 | 平和 自由