逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

広島★ガザ 言葉をとどけること

広島にいってきました。

メッセージフロム★ガザという朗読劇に出演のため、30年ぶりの広島入市。

 広島でガザの朗読劇をする。
その意味の深さにのみこまれそうで、怖いような気持ちもありながら練習を続けていた。

20日、あさ早い新幹線で広島へ。
2時からのリハーサルの前に、原爆ドームと記念館には、いっておきたかったから。

原爆ドームの前で、体内被曝された男性のお話をきく
f0032106_94516.jpg




f0032106_9484625.jpg韓国人被爆者の像









広島市全体で42万人のうち14万人がその12月までになくなられた。
そのうちに入るのかはいらないのか、当時5万人の朝鮮の人が広島にいて、3万人が亡くなられた。
朝鮮人の死亡率が高いのは、粗末な住居や集団疎開にいけなかった子どもたちが多かったから、かもしれません。

戦後、朝鮮民主主義共和国に帰国した女性は、被爆者手帳の交付をうけるための渡航が難しくて、保障がうけられないままです。(映画ヒロシマピョンヤン)http://www.jca.apc.org/~earth/iinkai.html


そして、平和資料館へ。

リニューアルされた平和資料館は、映像や写真、パノラマで、ビジュアル的に、わかりやすく インパクトのある展示だった。(1時間半で半分しかみれなかったので、翌朝 再訪)

広島に着いて、友人に「好天の広島です」とメールをうった私は、その日「広島は好天だったから」原爆投下されたことを知り愕然とした。

私が立ちすくんで泣いてしまったのは、

「被爆以前の中島地区(平和公園周辺)のパノラマ」   http://www.pcf.city.hiroshima.jp/

そこには、びっしりと家々が軒をつらねてならび、銭湯の煙突があり、お寺、銀行、カフェ・・・・

その街に、たくさんの人がいて 日常が繰り返されていたのに・・・・

f0032106_10392420.jpg



:::::::::::::::::


30年前、高校の修学旅行は広島だった。

高2の私が、平和公園を笑いながら歩いている写真が残っている。
私は、そのとき平和記念館も原爆ドームも、すなおに見なかった。
その場所であった悲惨な事実を想像しなかった。
広島球場で、おこなわれていた日本シリーズ近鉄VS広島が、気にかかっていた。

本が好きだった私は、小学校時代にアンネの日記をはじめ、空襲や疎開の話、戦争ものの本をよく読んでいた。「はだしのゲン」も姉弟で、競って読んでいた。TVでも戦中の日本を舞台にしたものを家族でよく見ていたのだ。

ところが、中学生になると私はしだいに「もう、いいよ」「しってるから」と、戦争ものを避けていった。
平和記念館の感想文に、「どうして、日本とアメリカが戦争したのか、原爆がどうして投下されたのか。それを知りたい」となまいきなことを書いた覚えがある。

そんな私が、26歳の夏に変わった。
その夏、参議院選挙で、はじめて比例区制が導入され、たくさんのミニ政党が立候補した。
私は、「原発いらない人々」という政党の宣伝カーにのって、マイクを握っていた。
京都市内を、まわって 疲れきって夕方の集会に出た。
そこでは、宇治市在住の米澤哲志さんが、被爆体験を語った。
8月6日の朝、広島駅についた小学校6年の米澤さんとお母さんは、満員の市電の中で被爆した。
静かに語る米澤さんの話に、私はうちのめされた。
戦争のことも、原爆のことも、まるでわかっていないのに、わかってる気になっていたと思った。
申し訳ないと思った。もっと 知らなければと思った。私のおなかには赤ちゃんがいた。

米澤さんの乗った市電は、福屋百貨店の前で、原爆を受けた。
今も同じ場所に福屋百貨店があり、市電が通っている。

米澤さんとお母さんは、それから、橋を渡って、にぎづ神社にたどりつき、大きな楠の下で休憩した。
そのとき黒い雨がふってきた。大きな楠のおかげで、雨をよけることができた。
今は、その楠はなくなったが、にぎつ神社は同じ場所にある。

私は、その場所をたどっていった。広島の街は、原爆の瓦礫の上に、土を盛って復興したから、8月15日以前にくらべると数十センチ、高くなっている。この道路の下に、たくさんの瓦礫とともに、命が埋まっている。

饒津(にぎつ)神社 (東区二葉の里二丁目6-48)
http://simoiti1329.web.infoseek.co.jp/hand/2/2-6nigitujinja.htm

:::::::::::::::::::::::::

メッセージフロム★ガザの朗読劇は、たくさんの方が来場してくださり、
素敵な現地スタッフのみなさんのおかげで、無事終了しました。ありがとうございました。

平和公園では、桜がほころんでいました。
f0032106_1020981.jpg



 
ブログに紹介してくださっています。ありがとうございます

歌人、野樹かずみさん
http://yumenononi.blog.eonet.jp/default/2010/03/post-18d2.html
ブロガー かざみさん
http://eikyunifumetsudesu.blog11.fc2.com/blog-entry-301.html#comment92
[PR]
by anzu-ruyori | 2010-03-27 10:31 | 平和 自由