逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

★パレスチナの若者が15日 バスにのります★

パレスチナの若者が平和と自由をもとめて、バスにのります。
50年前のアメリカの公民権運動のように・・・

【転載・転送歓迎】

In solidarity with Freedom Riders in Palestine
-----------------------------------------------------------------------------------

京都の岡真理です。

自由と平等と人間の尊厳を求める闘いは普遍です。
その闘いの記憶は、歴史の地脈となって、時代を超え、国境を超え、
いつの時代、どこの国であれ、自由と平等のために闘う人々に繋がり、
その滋養となって、歴史の地表に湧きあがります。

明日、11月15日火曜日、パレスチナの若者たちが、西岸からエルサレムに向かう
ユダヤ人入植者専用のバスに乗り込みます。
50年前の1960年、公民権運動さなかのアメリカで、人種隔離政策に対する
抵抗として実践された、フリーダム・ライドの市民的不服従に倣ったものです。

当時のアメリカ南部では、黒人はバスの後部座席に隔離されていました。
しかし、占領下のパレスチナでは、パレスチナ人はそもそも、ユダヤ人専用バスに
乗ることさえ許されていません。そのバスに彼らは乗りこもうとしています。
入植者のバスに乗り込もうとすることは、入植者からの暴力を招き、殺されるかも
しれません。アメリカ南部で、白人との平等を求める黒人たちが、KKKによって
私刑に処せられていたように。
あるいはイスラエル軍に逮捕され、何カ月、何年も投獄されるかもしれません。

その危険を冒してなお、彼らはこの非暴力不服従の抵抗を実行しようとしています。
それによって、世界の関心を惹起し、イスラエルによるアパルトヘイトの実態を
世界に知らしめようとしています。
50年前、平等と尊厳を求めて立ち上がったアメリカ南部の黒人たちの勇気に
鼓舞されて、今、パレスチナで自らの自由と平等と尊厳を勝ち取るために。

アメリカの場合は、合衆国市民であるアフリカ系の人々が、公共交通機関
への平等のアクセスという、白人と平等の待遇を求めてフリーダム・ライドを
おこないました。しかし、パレスチナのフリーダム・ライドは、占領という
システムそのものに対する闘いです。

それは、凄惨な暴力をもたらすかもしれません。でも、自らの血を流すことなく、
自由を手に入れることなどできないということを、彼らは知っています。
どうか、明日、11月15日のパレスチナを注視してください。
そして、不正に抗し、自由と尊厳を求めるパレスチナの人々のその闘いに
連帯してください。

私には夢があります。
パレスチナで、エルサレムで、近い将来、幼いユダヤ人の少年少女が、
幼いパレスチナ人の少年少女と手をとりあって仲睦まじく暮らしていける日が
必ず来ると、そう私は信じています。
明日は、その私たちの夢を現実のものとするための、第1歩です。

参考 
http://palsolidarity.org/2011/11/palestinian-freedom-riders-to-ride-settler-buses-to-jerusalem/

http://jewschool.com/2011/11/08/27266/from-the-american-south-to-the-west-bank-a-freedom-rider-bears-witness-to-human-rights-in-israelpalestine/


http://www.alternativenews.org/english/index.php/topics/news/3888-freedom-rides

[PR]
by anzu-ruyori | 2011-11-14 21:48 | 平和 自由