逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

筑波日記1月1日から5日

2012年となりました

2012年とは、こりゃあ~ SFだああ

夢のような今に生きていることの不思議に感謝します。

竹内浩三さんの筑波日記は1944年1月から7月の記録です。
68年前の同じ日付に、日記を読んでいきたいと思ってブログに転載
することにしました。浩三さんの息吹を感じたいと思います。

「五月のように」さんより転載させていただきます。
http://www.h4.dion.ne.jp/~msetuko/tkozo/takeutisakuhin.html

★原文では、筑波日記Ⅰは漢字とカタカナ表記ですが、読みやすいようひらがなを使用しています★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1944年(昭和19年)

1月1日

 拝賀式で外出がひるからになった。大谷と亀山と3人で吉沼へ行った。
十一屋でてんぷらとすきやきを喰った。たかいので、びっくりした。

1月2日

 谷田と二人で外出した。ちょうど営門前にバスがいたので、乗ったらすぐ出た。吉沼で、時計のガラスを入れた。十一屋でしばらく火にあたって、宗道まであるいた。うどんを喰った。牛肉を2円75銭買って、山中さんへ行った。いもと、もちをごちそうしてくれた。牛肉をたいてもらった。
 14:40のバスで吉沼へかえった。十一屋でうどんとめしを喰った。夜、えんげい会があった。

 1月3日
 谷田と亀山と3人で外出した。途中でバスにのった。
下妻から汽車で宗道へまわって2日にかえったようにしてかえった。
 夜またえんげい会があった。注)原文では、「エンゲイクワイ」
 
 1月4日

 勅諭奉読式。
 ひるから銃剣術。

 1月5日
 休みであったけれど外出しなかった。ひるから、寝た。外出が帰ってきてもまだ寝ていた。 夜、雪になった。小便をしに起きたら、やんで星がでていた。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-01-01 23:47 | 浩三さん(竹内浩三)