逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ユンドンジュ 命日★

尹東柱(ユンドンジュ)さんが、福岡の拘置所で亡くなってから、67年となる。
2月16日が命日。

死のとき、大きな声で叫んだが、日本人看守には「なにやら、わからぬ言葉で叫んだ」としか
聞かれなかった。

ユンドンジュが、最後に叫んだ言葉は、キリストが十字架の上でつぶやいた言葉だろうか。

「神よ、どうして私を見捨てたもうたか」

それとも、

「アボジ オモニ 」 (お父さん、おかあさん)だっただろうか。 

「トウチュウシボウ、シタイトリニコイ」と電報がうたれたそうです。

遺骨をもってかえったアボジは、その墓に「詩人 尹東柱」と刻んだ。

f0032106_016943.jpg



今年も左京区田中高原町 武田アパート跡の詩碑で、追悼式があります。


私は、休みをとって福岡にいこうとおもっていたのですが、福岡拘置所前の慰霊式は
2月12日におこなわれたとのことでしたので、久しぶりに伊勢まで日帰りでいってきます。

朝熊山の上から、ユンドンジュさんと浩三さん、二人の「生前は詩人となれなかった人」に
想いをはせることとします。


富士見台から富士山みえるかなあ~
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-02-15 00:18 | 平和 自由