逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

★ガザ緊急集会★国連パレスチナ分割案決議採択65年目の現実

26日 ガザを悼むキャンドルビジルが激しい雨があがった冴え冴えとした月の下で
行われました。
私は「パレスチナでもこの月がみえているのだなあ」と思いながら何度も
月を仰ぎみていました。

緊急集会が開催されます。

震災と原発事故に遭遇した私たち、
今こそふるさとをおわれ、ふるさとを思い続けている
パレスチナの人々とつながっていくとき。

f0032106_22395566.jpg


■■------------------------------------------------
ガザ――国連パレスチナ分割案決議採択65年目の現実

日 時:2012年11月29日(木)午後6:45-9:15(予定)
会 場:京都大学吉田南キャンパス 総合人間学部棟1階
    1102教室
発題者:岡 真理(京都大学教員)
    役重善洋(パレスチナの平和を考える会)
------------------------------------------------■■

京都大学の岡真理です。
1947年11月29日、国連総会でパレスチナ分割案決議が採択されました。
パレスチナにおけるユダヤ国家建設を国際社会が承認し、この直後から、パレスチナ人
に対する組織的民族浄化が始まります。
それから65年。4年前のガザ攻撃も、今回の攻撃も、パレスチナ人に対する民族浄化の
暴力、ナクバの悲劇が、現在もなお継続中であることを如実に表しています。

65年目の11月29日にあたる今週木曜(明後日)、パレスチナ分割とは何であったのか、
そして分割案決議から65年目のパレスチナの現実をともに再確認し、私たちに何ができ
るか、しなければならないのか、考えるため、集会を持ちたいと思います。

ショートノーティスですので、大人数の集会にはならないと思います。
少人数でも、むしろ、関心を寄せてくださるみなさんと問題を分かち合い、今後、私た
ち一人ひとりがどのように問題と向き合っていくのか、密な議論ができたらと思います

------------------------------------------------------------
主催:PJ21(京都大学大学院 人間・環境学研究科 岡研究室)
問い合わせ先:PJ21kyoto@gmail.com
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-11-27 22:41 | 平和 自由