逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

釜ガ崎 ヘリコプター G8   

G8洞爺湖サミットの関連で、京都では外相会議がおこなわれたから、6月26日と27日は
朝から、夜遅くまで、上空にヘリコプタが パドリングしていた
道のあちこちに、警察官が たっていて、学校から帰ってきた子どもが
「犯罪者を運ぶ車に ケイサツがいっぱい乗ってたでぇ」と、いう 

26日 集会とデモに参加
集会で、釜パトのK桐さんの報告をきき、釜ガ崎暴動のことが 身近になった

以下のブログなどで、知っていたけど、直接、話をきくと よくわかった
やっぱり、ネットより生です
http://www1.odn.ne.jp/~cex38710/thesedays13.htm
橘さんのブログも、気持ち伝わってきた
http://robou.exblog.jp/9142421/

26日 「京都迎賓館まで」のデモは、鴨川を渡ることができなかったけど
好天の路上解放!気持ちよかった でも 車道には ケイサツカンの列
歩道は、紺色の帽子をかぶって公安の人たちの列 

前日夜の四条河原町デモでは、機動隊も出動して、ひさしぶりに、対峙したジェラルミンの盾に、感涙の活動家もいたとか!?

今出川川端の交差点で、フランスデモみたいに ひろがって ちょっとだけ「攻防」

交差点の真中で、おどっていたら、傍にいた公安が、無線で、「交差点に立ち止まり
勧告もきかず~」とぶつぶついっていたから、もしかして「タイホされるかも」と ちょっとぎょっとしたけど、「たちどまってへんがな しょうもないこというな」って、傍にいた人がいってくれたりした

f0032106_1192597.jpg

9条実現のプラカードをかかげるA井さんは、いつも凛とされているなあ。
プラカードには、花も添えてあるのです。毎月9日、京都駅でスタンディングされている。


シュプレヒコールも アジテーションも、苦手。
デモで、社会を変えることはできない。
でも 自分を変えることはできる。

雨宮さんのブログに 共感↓
http://www.magazine9.jp/karin/080702/080702.php
「デモをやっても意味がない」なんてよく言われる。「意味」ってなんだろうか?
 もちろん、デモで具体的に何かが変わればそれに越したことはない。だけど、そういう「自由」や「手段」があると街頭でデモという形で表現すること、そのこと自体があまりにも意味がありすぎる。そしてそれを実際に知っていたり目撃していたり参加したりという経験は、時に転倒しそうなリアリティを取り戻すのに絶対に無駄ではないと思うのだ。

[PR]
by anzu-ruyori | 2008-07-03 01:26 | 平和 自由