逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 2 )

韓国ツアー 3日目

ソウルを出て、郊外の高層マンション群と連なる岩山 紅葉を みながら 護政府市(ウィジョンブ市)へ


f0032106_15405756.jpg
米軍基地村とトゥレバン 


2014年6月 
1960年代~70年代に米軍基地村で性売買をおこなっていた女性122人が「外貨を稼ぐために
国が介入して『公娼』のように女性たちに性売買をさせ、定期的に性病検査をするなど、『管理』をおこなってきたことは違法だ」として提訴した。(ふぇみん2014年4月25日号)

ことし9月第6次弁論では、証人のキム・ヨンジャさん(73歳)が25年にわたる米兵を相手にいた屈辱的な体験を証言した(ふぇみん 2015年11月25日号)


基地村で働く女性たちの「相談、余暇、カウンセリング、就労支援」をおこなうNGO団体「トゥレバン」(英名 MY Sister`s Place)  

f0032106_15145895.jpeg





トゥレバン 두레박  の直訳は、「井戸のつるべ」 井戸の水を組むための綱と桶だという。
なんて詩的な命名だろう! 女性たちの心の井戸につるべを落として気持ちをくみとる場所だ。


入口 チマリョゴリの女の子たちの絵がかわいい。ここは、なんと 2000年まで「性病検査をおこなう施設」だったそうです。
f0032106_15403686.jpg
素敵な壁画のある玄関ホール  絵画によるカウンセリング、セラピーもおこなわれている
f0032106_15242149.jpg


f0032106_15420863.jpg
f0032106_15423321.jpg
f0032106_15414709.jpg
↑ 米兵がやってきたので、あいさつしてみた 
私「HELLO ~」 

米兵「アンニョンハシムニカ~」

私「 We are Japanese! 」

米兵「こんにちは ありがとう!」


沖縄にもきていたのかな~

女性兵士の姿もみました



f0032106_15431531.jpg
↑これはめずらしい 練炭 연탄  がいっぱい! 
日本では、まったく見られなくなった練炭が、韓国の屋台では活躍していた。
f0032106_17262355.jpg

f0032106_15425217.jpg
昼食は、基地村の入口の食堂で「プデチゲ」(部隊鍋)キムチチゲに
ソーセージが入ってる!(かつて米軍基地の払い下げ品だったから)
インスタントラーメンを煮込む


トゥレバンの所長、ユ・ヨンニムさんは、「これは軍国主義をなくすための活動、国のために軍隊はある。」といわれた。教会の信徒活動のひとつとして基地村の女性支援をはじめられたそうです。
「性売買がドイツでは2000年に合法化されたというが、実際に政府登録した人は3人だけ。結局、国が国民を守る責任を放棄したこととなる。
ポイントは、自ら性売買を生活の糧に選択したとしても『やめたいと思ったときにやめられるか』だ」といわれた。

韓国米軍基地村で生まれた米兵との子どもたちが、70年~80年に国家事業として海外養子縁組されていったことも大きな問題だ。


基地村で働く女性たちと子どもたちのことが、韓国の女性監督による映画となっている。

3本とも以前みたが、かなり詩的で哲学的で、難解。現地を訪問して今また、みてみたいと思う。


蜘蛛の地
http://www.yidff.jp/2013/ic/13ic13.html

アメリカ通り
http://www.yidff.jp/2009/cat043/09c060.html


「女性と孤児と虎」
http://wan.or.jp/article/show/1974 ← 岡野八代さんの映画評








[PR]
by anzu-ruyori | 2015-11-30 17:20
昨日、見にいきました。
3世代目にも、影響が及んでいる枯葉剤。

どうして 兵器を開発するのだろう。
兵器を開発している人の そばにいって ききたい。

村山康文さんは、京都在住のフリージャーナリストです。
活動に、敬意を表します。

ぜひ、足を運んでください。

22日 金曜日は、私がギャラリー当番で、17時ごろまでいます。

:*: ・ ゜ ´★,。・ :*:♪ ・ ゜ ´☆。 。 ・ :*: ・ ゜ ´★,。

≪村山康文写真展≫  「ベトナム戦争の傷痕」

1975年に終結したといわれるベトナム戦争も未だに障害を持ち、
生まれ来る子どもたちがいる。
一度起こしてしまうと終わりのない戦争。

2009年5月18日(月)~24日(日) 13:00~18:00

場所 : ギャラリー・カフェ「エイコンズ・ビレッジ」

入場料 : ドリンク 1オーダー制

住所 : 〒603-8233 京都市北区紫野西野町49 電話 : 075-493-2983

HP : http://www.eonet.ne.jp/~acorns/ (エイコンズ・ビレッジ)

エイコンズ・ビレッジへは、市バス「船岡山」下車東へ1分、北側バイク屋横路地入る。

村山康文さんブログ↓

http://murasan33.exblog.jp/ ←清志郎の映像も必見!

f0032106_946167.jpg

「いのちの絆」

ISBN 978-4-939042-41-6 C0036
著者 村山 康文
発行 アットワークス
体裁 A5判・100ページ・ソフトカバー
定価 1,575円(本体1,500)








≪村山康文によるスライド・トーク≫

「ベトナム・終わらない戦争被害」

日時 : 2009年5月23日(土)16:00~18:00

場所 : 同上     入場料 : ¥500


※写真展最終日にベトナム料理会をします !
≪ベトナム料理会≫

5月24日(日)12:00~ 参加費2000円程度
(準備の都合上お早めにエイコンズまでお申し込み下さいー先着10名、最終〆切り5月17日)

※ベトナム料理店をされていたW・Mさんが、ベトナム料理を出して下さいます!!
メニューは蒸し春巻き、バンセオ(ベトナム風お好み焼き)ハスサラダなどです 。
ベトナム料理、とってもヘルシーでおいしいです!!

※Mさんはベトナム戦争時、脱獄した後、ボートピープルで日本にやって来ました。
同じ船の人達はほとんどなくなったそうです。戦争の頃のことやその後の
いきさつなどのお話もお聞きできるかもしれません。
戦争は立場の違いで敵味方に別れることもあり、人の一生は運命に 翻弄されてしまいますね。
そんな中で必死な決断と行動をし、生き抜いて来られたMさん。

ぜひ ご参加くださいね。



村山康文(フォトジャーナリスト)
1968年兵庫県生まれ。1998年、報道写真家の石川文洋氏に出会い、「ベトナムで石川文洋写真展を見るツアー」に参加。2004年夏の渡航時に枯葉剤被害者を支援する署名活動に参加。
2006年9月、ベトナムの枯葉剤被害者とみられるドー・トゥイ・ユンさん(当時18歳)を日本に招き、京都大学医学部附属病院で手術。主にベトナムの社会問題をカメラとペンで追いかけ、弱者を守る立場からエイズ・戦争・人権・差別などをテーマに各地で写真展や講演会を開催。
ベトナムに貢献しているフォトジャーナリストとしての幅広い活動を評価され、07年9月にベトナム教育文化情報省から表彰を受けた。京都在住。
[PR]
by anzu-ruyori | 2009-05-19 09:37