逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:日々ログ( 75 )

錦秋 

f0032106_014991.jpg

















11月はブログ更新できませんでしたが 私は元気にしています

ことしも 紅葉きれいで よかった 
ユリカモメも ちゃんと やってきて よかった
 「遠いとこから よくきたね」と 手をふりたくなる気持ち

きのうは、かもめ隊長 (毎年 一羽だけやってくるかもめ 
ユリカモメさんたちの中にいるとめちゃ でかくて はじめてみたときは 
怪獣かとおもった) にも会えて とてもうれしかった

ありがとう 鴨川 

鴨川自転車通勤 あと2日と なりました

新しい仕事 新しい毎日 新しい出会い

新しい恋(これはまだ暖機運転(*^。^*)やけどね)


f0032106_0512.jpg

[PR]
by anzu-ruyori | 2007-12-01 00:20 | 日々ログ
きょう午前中 瀬戸内寂聴展に 高島屋まで 自転車をとばしていってきました
最終日なので おば様方(私も含む)で いっぱいでした

まあ 予想どおりの 著名人の書や絵画のみせびらかし いや 展示と
膨大な著作の展示 書斎再現とか・・・でしたが

思いがけず、出会えてうれしかったのが 仏様!
天台寺の立像が 3体展示 されてあったのですが
これが 縄文風っていうか 大陸風っていうか みたことない仏様でした

コケシみたいな 伝吉祥天立像(平安時代) まあ おぼこい吉祥天女!

f0032106_0311467.jpg
                                    
モアイ像みたいな 如来像立像(平安時代) よこからみると ちょっと前傾
f0032106_03447.jpg








天台寺のこと↓ 
http://www.sukima.com/12_touhoku00_01/02tendaiji.htm



それと 横尾忠則の寂聴ポスター 浄法寺町(岩手県)観光ポスターが おもしろかった
[PR]
by anzu-ruyori | 2007-09-25 00:36 | 日々ログ

夏のなごり・・・怪談話

夏のなごり ふたつ

f0032106_0102429.jpg

ベランダに咲いたひまわり

成長記録はこちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/kktjw868/5989752.html

もうひとつは、怪談話↓
http://blogs.yahoo.co.jp/masata01/20305745.html 
[PR]
by anzu-ruyori | 2007-09-13 00:13 | 日々ログ

夏の遠足

暑い暑い夏 いかがお過ごしでしたか

暑かったけど
空がきれい 雲がきれいでした

f0032106_1175250.jpg
松阪城跡





f0032106_1162645.jpg
奈良 飛火野 












竹内浩三さん展にいったり、
浩三さんが「妻と為す」といった伎芸天に会いにいったりしました
夏の遠足  思い出いっぱい

f0032106_1272711.jpg

                       浩三さん(右)と山室龍人さん 日大映画科時代
季刊誌「伊勢人」で、浩三さん特集
http://www.isebito.com/

たのしかったり しんどかったり 逡巡したりの 私の夏

あんまり考えすぎないようにしよう これから寒くなっていくから苦手
心もこわばっていくから気をつけよう


うれしいときには 大いによろこびなさい
悲しいときには 大いに泣きなさい

そんなうれしいことも悲しいこともメッタにあるもんじゃない

     竹内浩三 1941 姉宛の手紙より 
[PR]
by anzu-ruyori | 2007-09-10 02:07 | 日々ログ

カンパニアにカンパを

集会費用のカンパを募る文言を考えていたら、詩になった

カンパ 


語源 ロシア語 カンパニア(kampania) 
政治的な活動 闘争 
特に大衆に訴えて目的を達成しようとする活動
そこから 広く資金を集めることを意味するようになった

カンパニアのためのカンパを!

カンパネルラと、旅にでた
銀河鉄道のトンネルが貫通していないので 
関門海峡は、船の旅
カンパネルラと 甲板にでた
カンパニーをつくって、旱魃で苦しむカントリーの支援はどうかといったら
間髪いれずに、感嘆して 感激して、感動してくれた

カンパネルラとつくるカンパニーについて
ボクは缶ビール
カンパネルラは カンパリソーダをのみながら 歓談
ぼくたちはなんどもなんども 乾杯 をした

カンパニアに乾杯 カンパニアに カンパを!
カンパニアに祝杯を!
カンパニアにカンパを!
  
f0032106_41289.jpg


@5月27日 そうだ!京都にいこう 
改悪教育基本法の具体化を許さない全国集会


集会とデモの様子は、反戦生活のブログなどで ごらんください
YOU-TOUBEにも 画像がアップされています

http://d.hatena.ne.jp/posada/

f0032106_42464.jpg

[PR]
by anzu-ruyori | 2007-06-05 04:02 | 日々ログ

車で実家に帰った

車を10年ぶりに 運転するようになった

前は、京都市内をでたこともなかったのに

はじめて 夜の名神をひとりで走る

オレンジと赤のあかりが連なる高速道路

夜に走る車

夜に働く人

夜のドライブイン 

白い自動販売機の存在感・・・




いったい 何キロで走ったらええんやあ・・・といいながら

あがるスピード ああ 若葉マークが 飛んでったああ

ああ 慎重に・・・慎重に・・・・!


自分で運転していることが とても 不思議でうれしい


翌朝、母の畑で たまねぎを収穫


f0032106_2228834.jpg









それから、古墳の丘 竹内街道を走って

奈良まで ドライブ

香り米のおもちをつきました

3月に植えた じゃがいもが しっかり 育っていてうれしい ありがとう

f0032106_22572662.jpg



f0032106_22353533.jpg









畑の傍にあった花 活けています
f0032106_224008.jpg
[PR]
by anzu-ruyori | 2007-05-23 22:52 | 日々ログ

自宅炎上 花園公園

4月5日 花園公園の火事で亡くなられた方の葬儀があったそうです
友人のブログ↓
2007年5月10日(木曜日)
  
f0032106_0324993.jpg


 


たぶん 小学校の3年か4年くらいのとき

       休みの日の午後

       父の運転する車 助手席に座っていた私

       話すこともなく 黙って 国道を走っていた

       私は、学校のことや家のことで 気鬱になっていた 

       どうしたら いいんだろうと 思っていた

       信号で とまった道の傍に 小さな畑があって

       手ぬぐいを頭にかぶったおばさんが 鋤で土をうっていた

       そのとき 「このおばさんも 家にかえったら家族がいて・・・」

       と 思ったら、頭の中がぐるんぐるんまわって おばさんの

       自宅のようすやおばさんの家族のようすが頭の中にうかんだ

       そのとき はじめて 私は 自分以外の人にも人生があるってことが

       ほんとうに わかった

       この世界に、無数の「自分」がいて、悩んだり 困ったり 笑ったり

       どうしようもなくなったり していると いうことが わかった

       それが わかって 私は ちょっと 怖くて しんどくて 

       世界の 複雑さに 当惑した 

       「無数の自分」のうちの ひとりである自分が 

       ひどく小さくて ひどく重いと 感じた  と 思う
[PR]
by anzu-ruyori | 2007-05-12 00:38 | 日々ログ
f0032106_23275733.jpg

母の救援物資に入っていた 
水菜が つぼみをつけていたので
活けてみたら、きいろい花が咲きました



竹内浩三さんに恋をしている

日曜日 朝熊山登山

竹内浩三さんのお墓参り 

五月のような 好天
幸福な一日  

「君が好きだ」と いってきました



歓喜して生きよ ヴィヴェ・ジョアイユウ       ※仏語で歓喜して生きよの意
理屈を言う前に ヴィヴェ・ジョアイユウ

信ずることは めでたい
真を知りたければ 信ぜよ
そこに真はいつでもある

ひとを信じよう
ひとを愛しよう
そして いいことを うんとしよう

青空のように
五月のように
みんなが
みんなで
愉快に生きよう

                 竹内浩三 五月のように より 抜粋
[PR]
by anzu-ruyori | 2007-03-08 00:00 | 日々ログ

誕生日は出産記念日

1月29日 子どもの誕生日 17歳になった
私にとっては、ただ一度の出産記念日

誕生手記を 読み直して この日を反芻する

f0032106_23275675.jpg
1990年 1月29日 午前8時3分
男の子を出産した

分娩室の淡い光と穏やかな暖かさ
少し甘い匂い
それは、官能的な心地よさ
本能的な懐かしさ

新生児の声が 幻想的に響き渡る
まだ、人の名で 呼ぶことのできない
はるか彼方から、やってきた あなた
開かぬ目で、空洞の口で
体中を真赤にして なき続ける


f0032106_23405471.jpg

出産した時刻に、ケーキをと 朝食を整えたが
子どもは起きてこず、
誕生記もアルバムもみようとしない

私は一人アルバムをみて、すっかり
子どもらしくなくなった17歳が
髪を短くしてるせいもあって、生まれたころに
酷似してることに気がついて、
ひとり 笑っていたよ・・・
[PR]
by anzu-ruyori | 2007-01-29 23:50 | 日々ログ

吉田山 散歩

きょうは 朝ごはん前に 吉田山にいってみた

f0032106_1244117.jpg
シジュウガラが 
いっぱいいて

コゲラが こつこつと 
木をつついていた








吉田神社は、来週の節分祭の 
とんど焼きの準備完了




f0032106_139364.jpg


ここが お正月飾りや お守りや 
破魔矢や 神器や
ぬいぐるみで 
いっぱいになるねん

3日の夜 夜通し 焼かれて 
それが 吉田の年越し
[PR]
by anzu-ruyori | 2007-01-21 12:55 | 日々ログ