逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

いまだ定まらぬもの

おそくなりましたが、はじめましての方もこられるので
プロフィールなんて、書いてみました

あんず と よんでください

京都市に すんでいます

好きなことは、本をよむことです 


1962年(昭和37年)12月14日 大阪府堺市の小さな助産院で 私は生まれた。

  当時暮らしていたのは、木造二階建ての小さなアパート。
6畳一間に共同の炊事場、手洗い。おむつをほすとつららになったそうだ。
時折、向かいの瀟洒な一軒家から流れてくるクラッシックをききながら、
母は、七輪で魚を焼いていたという。
 この頃の記憶は私にはまったくないのに、イメージで記憶しているような気持になっている。

  2年後に、弟が生まれ、姉が幼稚園に通う頃、父の働く鉄鋼工場の敷地内の平屋に転居した。二間の和室と土間の台所、お風呂、家の前は子どもの遊び場にはちょうどいい大きさの広場。母は、十姉妹を飼った。
 奥の間に、布団を並べて寝たが、母がよく枕元で編み物や、繕い物をしていたことを覚えている。編み機のジャージャーという音は子守唄のように、眠りにいざなってくれた。

 母方の祖父が、その鉄鋼工場の守衛をしていたので、夕方、うちに立ち寄り母がお盆に用意した冷や酒と、簡単なつまみで、玄関のあがりかまちに座って、しばらく過ごすのが常だった。

 私が、子どもを産んだ頃 父と母が「子育てで困ったことなんかなかったけどなあ」と、心底いっていたので、びっくりしたことがある。写真や、想像でしかわからないけれど、決して裕福とはいえない暮らしで、次々子どもが生まれ、とまどいや迷いがなかったのだろうか。
 「もうどうしようもない気持」と数行だけかかれた母の育児記録ノートをみたことがある。そのときの気持は、もう記憶のかなたなのだろうか。短気で口調の荒い父の怒鳴り声が、響く事もあったのに…。

  小学校2年ごろ、両親が近くの建売住宅を買った。2階建ての家がうれしくて、友達をたくさん呼んだ。最近 知ったのだが、この頃 父は、和歌山の新工場に赴任していて、一週間に一度しか帰ってこなかったそうだ。約2年間。そのことを、姉や弟は覚えているし、さびしかっようだが、私にはまったく覚えがない…。

18歳ごろ、また近くの中古住宅に引っ越した。その頃には、家族よりも自分のことで忙しく、家の印象は少ない。今も、夢にみるのは、小学生の頃住んでいた家だ。

 24歳で、突然 恋人の住む京都で暮らしだし、その後結婚。伏見で、大きな家に四世帯とたくさんの猫と暮らしていたこともある。飲食店をはじめて、左京区に転居。離婚したときも、左京から離れることは考えられなかった。はじめて借りた部屋の住所を、本籍地にした。

 

結婚して商売をしていたとき
 こどもといっしょにサザエさんをみて 
  ゆっくり晩御飯を食べたいという夢があった
   小さなアパートで、それが かなった

固定電話をひいて、新聞をとって、
 お風呂のある部屋に住みたいなと思った
  大文字のみえるハイツに引っ越した

公営住宅に入居して、家賃負担を軽くしたいと思った
  3年たって、府営住宅に当たった


                    希望
 
                 それはいつも
                   ほのかで

               そうなったらいいなって
                   ほわんと
             ながく思っていることのほうが
                叶うような気がする


                いいこととわるいことを

                 くりかえし 繰り返して

                   ここまできたよ

                    これからも

               死ぬまで 生きてみようと 思う

               名も無く 貧しく スチャラカに ♪



            こんなサダまらぬ私です どうぞ よろしく
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-01-22 23:33 | 私のプロフィールです

映画 ガラスの使徒

ひさしぶりに 心待ちにする映画をみつけた

ガラスの使徒(つかい)
原作 脚本 出演 唐 十郎 監督 金 守珍


伝説のレンズ職人とガラスの精のおとぎ話

     大都会の片隅、時代の流れに取り残された様な小さな町工場があった。
     従業員もごくわずかの零細企業。そこで直径60cmの巨大なレンズを一
     心不乱に磨いている男がいた。男の名は池谷佐七。ガンコな職人肌だが、
     レンズ研磨にかけては右にでる者のいない伝説の男である。


東京都写真美術館で、公開中  大阪 京都は 3月頃 

充実したHPがあるけど、映画「3丁目の夕日」を HPで堪能してしまって
映画館にいく気が失せたという経緯があるので、注意!

撮影ブログ (左のリンクから たどってね)も、興味深いです

「使徒」というと キリストの12使徒をおもいだす。
新約聖書には「使徒の働き」という章があります。
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-01-20 01:51 | アート

十字架の下で

介護ヘルパーの講座に、10月から 通っている。
講義は、ほぼ終わり、大山崎町のキリスト教福祉専門学校で
技術演習の授業。

JR大山崎駅の線路をくぐる不思議な地下通路を出ると、幼稚園がある。
赤い屋根の上に、白い十字架が立っている。

そこから、ずんずん山をのぼっていくと、専門学校がある。
さらに、その上には、水上隣保館がある。
山の上なのに、なぜ「水上?」
その理由は、1930年代にさかのぼることを水上隣保館のホームページでしった

     大阪水上隣保館    
       1931年3月13日大阪市港区の借家を借りて
        中村遙・八重子夫妻が大阪水上友愛協会『水上子供の家』 と名づけて、
        はしけの子供4名と生活を始めたことに由来します。



専門学校の出入り口で、5.6人の子どもたちが たむろしていたことがあった。
タバコをすっている子がいた。先生が、「コラッ あんたたち」というと、走って逃げていった。
残された吸殻を拾いながら、「事情があって親と暮らせない子たちやからねえ」と先生がいった。

「事情」がある子どもたち・・・

このあいだ すこし時間があったので、隣保館と老人ホームまでいってみた。
隣保館の前に7歳くらいの青いジャンパーをきた男の子がサッカーボールをもっていた。
「おはようございます」と、声をかけると「おはようございます」といってくれて
それから「何してる人?」と、聞いてきた。
「えーと、介護ヘルパーの講座にきたんだけど、時間があるから、散歩してる人」とこたえた
「老人ホームって、こっちのほうでいいんかな」ときくと
「うん そこ まっすぐいったとこ」といってくれたので 私が行きかけると後ろから

「いっしょに いってあげよか」と、いう

「ええの?」「うん」といって、サッカーボールをもって ついてきた
でも 老人ホームは ほんとに すぐ そこだったので、
「ありがと 前までいってみるわ」
と いって 別れた。
帰りに、また 出会って「わかったあ?」って 聞いてきてくれた
「うん ありがとう」といった

「いっしょに いってあげよか」って、いわれて、うれしかった。


隣保館の建物の上にも白い大きな十字架が、立っていた。


詩業家 上田かなよさんのであった小さい人の話はこちら

「先日の鮮烈な 子どもを拾っちゃったようなできごとを ちいさなエッセイにしました」
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-01-18 19:38 | 日々ログ

玄米と日の丸

きょう 午前中に保健所を2箇所はしごして 肝炎検査とX線撮影をした
2月に、介護ヘルパー講座の施設実習にいくため。午後から出勤。

11時にすべて終わったので、おひるは以前から気になっていた
東大路通りのかわいいお店にいった。
ごはんは、玄米やし ランチ「かきのグラタン」が お目当て。

清水学区のみなさま こんにちわ!ではじまる
ご近所に配っているおみせのちらしが 好感。
若い夫婦二人で きりもりしているようだ。
(赤ちゃんの名前は ふく 玄米食でアトピーを克服したのやて)

グラタンがゆっくりと出来上がるのを待つ間、本棚にあった
曽我蕭白展の図録をみる 
去年 京都国立博物館でやっていた
「円山応挙がなんぼのもんじゃ!」というコピーにそそられて
いきたかったのに 逃してしまったんや

図録のはじめに、三保の松原の屏風絵がある
虹がかかっている 

昔の日本画で、虹がかかっているのをみたの はじめてやった 
(私の見識不足か?)
昔の日本人には、虹は美的ではなかったのやろうか
不吉なものと 思ってたのかも?とか 思い巡らす

かきグラタン とってもおいしかった
圧力鍋でたいたもっちり玄米
しいたけ味噌汁は薄味で美味

帰りに、レジでお金を払ってから
やっぱり いおうと思って言った

        お店を入ったときから、目に入ってたのやけど
        レジの下の棚の目隠しに 
        日の丸の旗が かかっていたの
        どきっとした
        でも 客席からはっきりみえるところでもないので
        気にしないでおこうと おもった

「あのっ 日の丸・・・  すき なんですか」
若いお母さんは、ちょっと言葉につまってから
「ああ すきですっ」と えへらといった

「わたしは きらいです」「かなしい想いをしたひとがいるから」

彼女の顔をみて、いえなかった とげとげしく感じられたことだろう。

おいしかったですというのも 忘れてしまった ごめんね



      私は、知っている

      中国のおばあさんたちが 日の丸のことを
      慰安所のマークだと、信じていたことを

      友人のお父さんが朝鮮から連れてこられたときの
      船の名前が「君が代丸」」だったことを

      小学校で君が代を歌わなくてはならなくなったとき
      苦しんだ子どもたちが いたことを
 
 
自分の国の旗や歌を、誇れないというのは、かなしいことかな
国ってなんやろ 全員が同じ気持にならなくていけないのかな

     ばらばらで いっしょ

     みんな違って みんな いい


私は そう思う


スカビオサ(松虫草)という名前のお店です ほんと おいしかった
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-01-11 21:19 | 日々ログ

ねこまたや

北海道から 便りがとどいた

猫又屋さん

京都で個性的な印刷やさんをされていました
まじめで親切でおしゃれな ねこまたやさん
なつかしいなあ 
結婚式の案内状やお店のちらしをつくってもらいました

北海道に、居を移されたのは10年ほどまえ
帯広市大空町 なんて北海道な町名でしょう


1月28日 教育TV 20:00~22:00に ご家族で出演されます

遠くはなれても あったかい思い出があるから
いつまでも ともだち と いえるんやなあ 
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-01-10 23:33 | 日々ログ
昨年 田んぼの草取りをごいっしょした詩人さん

お宅拝見!あそびにいきたくなりましたが、13日から東京朗読遠征やねんて
いいなあ 楽しんできてね

「冷蔵庫の中のお正月」ときき、12月の電気代が激高してしまった私は反省
こたつでブログやけど、スイッチOFFです 

先日、出会った某TVの人は 「世の中がだんだんおかしくなってきている」と
憂いてはったけど、私は そうは 思わない。それはしらないだけかもしれんけど
情報はたくさんあって、幸せじゃない人たちもたくさんいるし、それに対して自分は
何もできないとか 思ったりするけど。 「世の中はよくなってきている」と思う。
まずは、自分が幸せやから。
傲慢かな。傲慢やな きっと。次は、「自分のまわりの人を幸せにする」と
いう段階にステップするんやけど、それができてへんから やっぱ自己満足か。

小川テツオ
「このようなやりかたで300年の人生をいきていく」より

     「やりたいことをやる」という事だけが
     社会や他人のためになる行動だと思っている
     直接的な迷惑はあるかもしれないが、
     それは社会や他人に対して「はげまし」の
     メッセージになると思う。
     あたいが「はげまし」を感じている人は
     みな「やりたいことをやった」あるいは「やっている」
     あるいは「やろうとしている」人である
     自分に即していうと、やりたいことをやっていないときや
     わからない時、意地が悪くなる。これこそ他人の迷惑ではないか

きょうは、「ゴミ出し」して、いちおう掃除したし、午後からヘルパー講座の復習と
レポートの下書き 今からちょいごはんして、仲居バイトにいってきます

きのうは、8万円のおせちを買ったっていうお客様でした ヤレヤレ
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-01-09 15:57 | 日々ログ

地のもの達の文化

f0032106_21322115.jpg


奈良県榛原町から おくっていただいた
古代米 七分付きのお米に混ぜて 炊いたら
こんなになった
f0032106_213767.jpg


ワカメのお味噌汁と、ありあわせの野菜の煮物で ひとり感謝の夕餉

山尾三省さんの詩を思い出す

 大根おろし

畑には大根が太っている
その大根を引きぬいて
大根おろしを作る
藍色のさらさもようのある お皿に入れて
しょう油をかけて
それだけで 食べる
これは 地(ぢ)のもの達の文化であり 文明であり
核兵器を作る人達や
原子力発電所を作る人達への 捧げものではない


                         詩集「びろう葉帽子の下で」より
                         2番「つわぶきの煮つけ」があります

また 大雪になりそうですね ご注意ください
私は あす 介護演習 雪の大山崎へいってきます ちょい泣き(>_<)
 
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-01-06 21:56 | 奈良 田んぼのこと

女工の日々 はじまる

f0032106_22443633.jpg

きょうから 本職の「女工」初仕事

土曜日は、介護ヘルパー2級講座
日 月 仲居バイト

また 休みのない日々が はじまります

せやけど こうして こたつでブログかける時間が
あるのやから 幸せですわ ほんま

ことしも(去年も)おみくじは、小吉!
小さな幸せが、つづきますように・・・


写真は、吉田神社のだるまおみくじです
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-01-05 22:54 | 日々ログ

かえってきた杏っこ

f0032106_9184724.jpg

小6のとき
学級文庫に紅い表紙の日本文学全集があった
「小説」を「小話」と、よみちがえて借りたのが
杏っこだった
2段組で小さい活字がならんでいたことだけを
覚えている もちろん すぐ挫折

20代になり
大阪で芝居をはじめた
芸名をつけることになって
あ で はじまるのがいいと思って
「あんず」とした
そのとき 杏っ子のことは 思い出さなかったように思う

実は、この本 「大活字本」やねん 老眼用(^_^.)
めっちゃ字大きくて、国語の教科書みたいやから
昭和初期近代文学の若干 文語的文章も
かえって、よみやすいのですよ

室生犀星は、詩がとても好きで、この小説の中でも
ときに、詩的表現があってうれしくなる
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-01-04 09:39 |

初うつ

f0032106_17444340.jpg

昨晩 バイトで 22時頃帰った
子どもがコンビニ弁当を、食べるのをみていたら
なんか、ぶーんと 落ち込んできて 久しぶりに抑うつ的になった
私は、一万円の懐石料理を運んでるのに、子どもにこんなプラスティックに入ったものを食べさせてんのか・・・
抑うつ的なまま寝たら、また孤独な夢をみて目が覚め、それからねむる事ができなかった
目を見開いて、眉間にシワをよせ、劣等感と後悔の怒涛の波 吐き気までしてきた

こんなときは、朗読をする
台所で  谷川俊太郎 「未定稿」
      川上弘美 「神様」
      聖書 詩篇90章

しだいに 心静かになっていく
曇り空の中 吉田山に いってみた
めじろが鳴いていた 
足もとの落ち葉に、字が書いてあるようにみえて立ち止まった
落ち葉のお手紙・・・

毎週一回大文字山にのぼるという知人をしっている
大文字山は無理やけど、吉田山なら週一のぼれそう(^。^)

だんだん 晴れてきた

昼からは、年末そうじのつづき 北側の部屋の結露がひどい(>_<)
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-01-03 18:16 | 日々ログ