逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

京都からも 叫びたい


東京の代々木公園 エノワールカフェで、「叫ぶ」ワークショップが開かれる

大阪から叫んだら代々木に届くかな?


きのうの帰り、鴨川のひな鴨をみにいったら
三条大橋の北に カラスがいっぱいで
パンを 鳥にやっている男の人がいた
真鴨さん一家が中州にいて カラスがひな鴨のすぐそばに
とんでくるから ドキドキした

男の人は、ひとりでたのしそうに パンをやっている
おもいきって その人に声をかけた
「こんにちは! あなた 鳥 好き?」
「はい!」と答えるその人は、まだ少年の面立ち はたち前後?
「わたしも 大好き!」といって その人の隣りにすわった

真鴨さん一家が、すぐ そばまで やってくる
「かわいいねえ 大きくなったね」
「はい 前はもっと もこもこしてたのに」
カワセミのはなしや蛇のはなしをした
しょっちゅう 鴨川にきているようす

「あのね 鳥に 人の食べ物をあげるのは
よくないんよね とびが、河原の人をねらうようになっているし
カラスがゴミをあさってめちゃくちゃにするやん
鴨が そんなふうになったら いややん ね
それに パンに食品添加物とか入ってるし」

「はい」と 私の顔を見ないで 答えた

人の目をみて 離さないその若い人は、もしかしたら
学校や、仕事や、人に、うまくなじんでいけない人かもしれない
生き難い思いを、鳥と接しているときは、忘れられるのかもしれない

だから、私が「じゃあ いくね またね」といって
その場を 去った後 また パンをやっているかもしれない・・・
ふりかえれなかった もし そうしていたとしても 私にはもう何もいえないから

丘の上から 叫びたい
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-04-29 11:03 | 日々ログ

鴨川にひな鴨が!

ことしも 鴨川で ひな鴨 発見!三条大橋のすぐ北!
川の中州で、5羽がまんまるくなって 眠っている姿も 双眼鏡でみつけました

f0032106_20315681.jpg


真鴨さんご一家 お母さんのまねししてる小鴨さんたちがかわいい!
f0032106_20332264.jpg


真鴨って 昔「鉄砲うち」(狩猟 ハンター)を趣味にしていた私の父は、
青頸(あおくび)といってたな  
鴨鍋したら 肉から散弾がでてくるのも いつものことだったな
陽に当たってひかる真鴨のくびって とってもおいしそう いや 美しいですよ


きょうは、丸太町橋のすぐ南で、カワセミに遭遇
f0032106_21121839.jpg

いつもは つぃーと 飛んでいくのに、中州のしげみでじっとしていたので
私も、土手の石垣に腰をおろして 双眼鏡で観察 こんなにじっくりカワセミを見られるなんて
すごい機会なので、風が吹いてさむかったけど 20分くらいじっとみていた
とびがピューと鳴くと、カワセミは声の方を見て攻撃体勢になっていた
鴨川のとび(とんび)って、今 ちょっと問題なんやね 人の食べてる物をねらって
事故がおきてるみたい それも 面白半分に餌付けした人間のせいなんやけどね


カワセミって、漢字で書くと ひすい 「翡翠」 
宝石の翡翠から きているのかと思っていたけど 反対で、
カワセミの美しさから、宝石の名になったそう
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-04-27 21:27 | 日々ログ
尹東柱(ユンドンジュ)のこと

尹東柱という名のハングルの国の人を知った

尹東柱は、京都の桜を一度だけ見ている 1943年 
その夏 治安維持法違反で下鴨警察に捕らえられた
逮捕理由は、ハングルで詩を書いたこと
夏休みの帰郷のため 切符を買い、荷物まで送っていたのに
未決のまま拘留され、翌年3月、懲役2年の判決
福岡刑務所に、投獄された

尹東柱に対する判決文をみた

住所 左京区田中高原町27番地 武田アパート内 
 私立同志社大学文学部選科学生 平沼東柱 

私の住所 左京区田中西樋口町2番地 

武田アパートのあった場所まで、歩いていける

この町は尹東柱が暮らした町
この道は尹東柱が歩いた道

左京区田中高原町27番地 武田アパート 尹 東柱
左京区田中西樋口町2番地 日生ハイツ  杏 さだ子

散歩が好きだったという尹東柱
東柱のみた家並み 
東柱のみた疎水 
東柱のみた大文字山 
61年前の尹東柱と同じものをみている時
尹東柱の気配を感じたいと思う

1945年2月 家族のもとに 電報がとどいた
「16ニチ トウチュウ シボウ シタイ トリニ コイ」
尹東柱は息絶える寸前、大声で叫んだが日本人看守には
「なにやら わからぬことをさけんだ」としか聞かれなかった
獄中「得たいのしれない注射」を毎日打たれながら
新訳聖書を読む日々であったという

1943年の桜は、どんなだっただろうと思う

:*: ・ ゜ ´★,。・ :*:♪ ・ ゜ ´☆。 。 ・ :*: ・ ゜ ´★,。

これは、2年前にかいた私の詩です

徐 京植(ソキョンシク)さんの講演会で はじめて
ユンドンジュのことをしりました

以下のサイトなどで紹介されています
検索エンジンで探してみてくださいね

http://www.searchnavi.com/~hp/chosenzoku/ydj.htm

詩人 茨木のり子さんも ユンドンジュを訳しておられました

逮捕の年の5月、ユンドンジュは、学友と宇治を訪れ
天ヶ瀬つり橋でとった写真が残っています

ことし 私ははじめて そのつり橋にいこうとおもっています

5月5日 尹東柱追悼の集い
場所 日本キリスト教団宇治教会
時間 午後1時30分~4時30分 このあとつり橋へ献花にいきます

主催 尹東柱を偲ぶ京都の会 詩人尹東柱記念碑建立委員会
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-04-20 07:34 | 平和 自由 

ゆりかもめと村上春樹

ことし 京都のさくらは、とても長く咲いています
満開のときに、雨が4日も続いて 花びらは散ったけれど 
まだまだ 美しく そのあと気温があがらないから 葉がでてこなくて
ずーと 咲き続けている すごいね ありがと

鴨川にきていたユリカモメが、ついにきのうは いなくなっていた
毎年10月の20日すぎにきて さくらをみて 4月のおわりにいなくなる
f0032106_7205047.jpg


3月の終わりごろから、ユリカモメの顔が黒くなりはじめる
冬羽から 夏羽にかわっていくの
f0032106_7244193.jpg


その顔をみると、

あ!ひつじ男だ と 思う

村上春樹の小説に登場し、佐々木マキさんが描く「ひつじ男」

村上春樹の小説をよんだのは たぶんATG映画「風の歌をきけ」を
みてからだったように 思う

スノップで厭世的で ちょっとおしゃれな「僕」がかっこよかった
それから、ひつじ男のはなしがでてきて 「なんじゃこりゃあ」って
おもったけど「ダンスダンスダンス」のひつじ男の力強さと不気味さと
やさしさが、ずんと 心に残っている

セックスやバイオレンスや、オウムのことや 日本を離れたことで
村上春樹の作品から、離れていった人も多いと思うけど、
(私は、ノルウェイの森のレズビアンへの偏見を助長する内容がいや)
私はずっと、村上春樹の本をよんでいきたいと思っている
現代をざくっときりとる確かな作家だと思うから
そして 希望が みえるから

最新刊の「東京忌憚集」も とても よかった
(図書館の予約153番目で3ヶ月まちやった!)
「神の子どもたちは、みな踊る」は、文庫で購入して
手元においている
ファンタジー何やけど 聖書みたい・・・
生きていこうと 思う

共同通信のインタヴュー
http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2002/aum/
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-04-19 07:57 | 日々ログ
詩人ナナオサカキさんの朗読会にいく 

ナナオさんの朗読をはじめてきいたのは
1989年 奈良八百屋ろ 次が1994年 吉田山茂庵


久しぶりのナナオさんは、すこしおじいちゃんっぽくみえたけど
最初に、両の手のひらを口に当てて 「ぶわーわあああ」って
ほら貝のように鳴らした
それが すごくて やっぱりナナオさんは、かっこいい!って思った
なにしろ 世界中に7人の妻がいるという評判ですから・・・

ほら貝のあと、脇の下に手をいれて
「こうしても音がなりますね お風呂とかでね
私は、心がナイーヴになっている人にこうしてごらんといいます 
体を楽器にしてみるのは とってもいいことです おならもいいです」
と いわれた

ナナオさんの朗読は、うたのようで、
日本語じゃないようにきこえる
無国籍で 無定住の心地よさ

詩集を目で読んでいるときより
ずっと ずっと イメージがふくらんでいく
心が解放されていく
とても いい

f0032106_1915370.jpg



   いつも 泥足



いやなこと
     聞いたら
        耳 洗え

汚いもの
    見たら
       眼を 洗え

いやしい思い
     湧いたら
        心 洗え

だが


   いつも

     泥足 そのまま




うちに帰ってから、ナナオさんを真似て、詩を朗読してみる
でも どうしても 言葉に意味をこめすぎて 
ナナオさんみたいに 軽やかに読めない

f0032106_18493346.jpg

詩集「犬もあるけば」に サインをしていただく 
八瀬の桜とともに・・・ 


ナナオサカキさん 関連サイト
 朗読の肉声がきけます http://www.ne.jp/asahi/r/s/mandala/nanaosakaki.html 

 プロフィールhttp://www.shomeido.jp/gallery/contents/exhibitions/exh2003/200314nanao/200314nanao.html



     
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-04-11 19:11 | アート

未定稿とは?

さいた さいた さくらがさいた
f0032106_23345055.jpg



このブログのタイトル「未定稿」について
お話しておこうと思います

「未定稿」には、はじまりの未定稿があります
それは、1997年5月(第一稿)から2000年4月(第14稿)まで わたし 杏が
手書きやワープロで文章をかき、子どもの絵をコピーしたりして作っていた
A4版のプライベートペーパーです 友人に手渡しで配っていました

1996年の12月に離婚して、「やらなければいけないこと」しているうちに
忘れてしまっていた「やりたいこと」をしなくっちゃ!
と、思ってはじめたことのひとつでした

このブログで、ときどき はじまりの未定稿を再録します
徒然に、ご覧下さい

:*: ・ ゜ ´★,。・ :*:♪ ・ ゜ ´☆。 。 ・ :*: ・ ゜ ´★,。

未定稿 第14稿 2000年4月10日

桜が咲きました。

あなたはどこで桜を見ていますか。

 私は自転車に乗って毎日 鴨川沿いの桜を見ています。
枝じゅうに折り重なって咲く桜。過剰な花の数は、人の欲望の限りなさを
象徴しているように思う。
 今年は、例年より開花が少し遅かった沈丁花のせいで、むせかえるような
甘い香りとともに桜を見上げるから、よけいに胸がつまる。

 「どうして そんなに 咲くかなあ」 (どうして そんなに咲くのかなあ)

って、声に出していう。

 鼻の奥がツンとなってきて、泣きそうになるから、奥歯をかみしめる。
それと同時に吐き気もこみあげてきて、気分が悪くなる。それでも、
桜から目が離せない。


 目眩(くらくら)するよ。桜は心に中(あ)たる。

 ここ数年、前夫の大事故、手痛い失恋、不如意な就職、知人の自死など
とんでもないことが、この時期にあった。

 「ああ また桜が咲くのだなあ」と思ったら、そのときのことがあまりにも
鮮やかに思い出されて、たまらなくなる。
 「あの時も 桜が咲いていたなあ」と記憶を反芻していまう。もう何年も
経つっていうのに、たまらなくなる。

 桜を見るのが、畏い(こわい)、それでも 桜を見ないではいられない。
遠回りしても、桜の見える道を通ってしまう。桜から目が離せない。


 次の桜を私は誰とどこで見るだろう。
 私は あと何回 桜を見るだろう。

 さくら花 幾春かけて 老いゆかん 身に水流の音ひびくなり  (馬場あきこ作)



:*: ・ ゜ ´★,。・ :*:♪ ・ ゜ ´☆。 。 ・ :*: ・ ゜ ´★,


きょう 円山公園をとおって帰ったら

人力車のおにいさんが、お客さんに

「さくらをみてると なんかワクワクしてきますよね!」

と、嬉しそうにいうのを きいた

そうか ワクワクするのか・・・

私がさくらをみる時の気持って
この未定稿第14稿が基本なんやけど
毎年、少しづつ違ってきていて
ことしは、あまり気鬱にならずに見ることができて
ホッとしている

さくらが こんなに きれいに 咲いているんやから 元気ださなきゃ!って
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-04-07 00:16 | 未定稿とは?
きょう お天気よかったけど 寒かったから
ソメイヨシノさん まだ なかなか ぱっーと 咲かない
けど 御所で 一本だけ 満開のがあった

f0032106_2254498.jpg


門に続く白い線は、御所の自転車道 
御所は生活道路やから、糺の森みたいに自転車禁止にはならんやろけど
ちょっと しんぱい・・・

きょう いろいろあって、午後1時間だけ仕事して 
用事をすませるために 帰って来てん 結局有休にしたから
サービス出勤となってしまった うーん くやしい 

くやしいので、ことばのはおとで、ご飯をたべた
ココナッツカレーセット!

オオヤコーヒーをのんで ほっこりする

f0032106_22131627.jpg


レトロなカップでうれしい 

区役所にいったついでに 初めての期日前投票!(9日 京都府知事選)をした

会議室に、職員(5名) 立会人(3名) の方々が、座ってられる
一日に何人くらいの人が投票にくるのだろうか
大混乱している1階窓口の喧騒と、3階の投票所の静寂というか緩慢
なんだか いぶかしいさを感じながら区役所を後にした
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-04-03 22:30 | 日々ログ
土曜日の午後 三度目のバルラハ展にいってきた

閉幕直前ということもあって、入場者が多く、作品とじっくり対峙することは
あまりできなかったけれど、たくさんの人がバルラハに感動していることが
わかって、うれしかった

f0032106_23144329.jpg


2時から、バルラハ作「哀れないとこ」のドラマ・リーディング(朗読劇)があった

バルラハは、彫刻家と同時に、劇作家としても活躍していた人で、トーマス・マンが
ドイツ演劇の重要な劇作家としてベルナルト・ブレヒトと、バルラハをあげている

「哀れないとこ」は、復活祭の日 結婚間近の男女が、エルベ河畔を散歩している
二人は、ある男性(哀れないとこ)に出会う 彼はこの世の中に苦悩し、脱出口を探し
混乱のうちに自死してしまう 彼と話すうちに、次第に婚約者よりも彼に引かれていた彼女
彼女は、彼の死を間のあたりにして 彼が彼女の中で復活していくのだと自覚して 
婚約者と決別し、自立して生きていく
という内容

キリストの死と復活が、ベースにあって 少しわかりにくかったり 表現が古いのは
いたし方ないけれど、今後 翻訳 改訳が、すすんで 新しいバルラハ作品として上
演されたらすばらしいだろうと 思った 

開演前に、翻訳 脚色された 市川 明氏(大阪外大)もいわれていたように バルラハに捧げる上演であったし、きっと バルラハが、一番うしろの席すわって 難しい顔をして舞台をみていた思う 
北独の人は、手厳しいから・・・ なにぶん日本ではじめてのバルラハ作品上演なので ご容赦くださいバルラハさん



京都の ソメイヨシノさんたちは なかなか 咲きませんね
今日も 一日つめたい雨でした
明日は晴れるから パーッと 咲くかな きっと
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-04-03 00:06 | アート