逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

無言館 f0032106_22282539.jpg

バスをおりて、
少し丘をのぼる
 灰色の建物がみえてくる
  コンクリートの壁に
かこまれた
 上空からみると、
 十字架にみえるという
 建物は、石棺のようで 
 はいるのが 
 少し ためらわれた

パレットの形の
黒御影石に、
 画学生たちの 
 名前がしるされている
 美術学校の授業風景の写真を
 背景にして・・・
 かつて、この石に 真赤なペンキが
 まかれてことが あったことを 思い出して
 おもわず そう口にだしていうと
 そばに いた 年配の女性が
 「ひどいことを する人がいるわねえ」といわれた

 無言館のいりぐちは、小さい扉
 「ここから 入っていいのかな」と思いながら
 そおっと 扉を あける
 そうすると もう 展示室の中
 
 照りつける太陽の光やせみの声が
 ふいに 消えて 
 違う世界に 瞬間移動したみたい
 すとんと、井戸の中に おちたみたい

 受付はなく、
 入場料は、お帰りの際 お収めくださいと 
 いう表示板が そっと ある

 昨夏、京都文化博物館での展覧会の際
 いたみが激しくて、写真でしかみられなかった
 作品が あったので それをみたいとおもっていた
 それは、特攻兵の肖像画
 
 緑色の外套のような軍服
 戦闘機のりのめがねのついて帽子
 はげしく 剥落している画面から
 左目が、まっすぐこちらをみていた
 
 「おまえは なぜ 生きているのか」 と 問われているようだった

デッサン館f0032106_22225039.jpg

村山塊多や 曖光の作品に出会えた カフェのサンドイッチが美味!

3日間で
山本鼎記念館 石井鶴三美術館 梅野記念絵画館 小山敬三美術館を
めぐり そして 最後に 高浜虚子記念館で財布を忘れて 京都に帰りました

とても 暑い 暑い 夏の旅でした

住民監査請求の意見陳述で
無言館のことなど 喋りました
よんでください
http://annzu-tuusinn.blog.so-net.ne.jp/2006-08-31
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-08-31 23:39 | アート
夏休み 暑かった ひさしぶりの旅行は、疲れたあ 報告は近日・・・・

さて、歌旅人 りんどうさんのファンサイトを 作りました

http://annzu-ruyori.hp.infoseek.co.jp/

f0032106_1272820.jpg


ホームページビルダーと 格闘して やっとできましたが
ほんま デザインセンスが なくて つたないのですが
ライブ情報サイトと して ごらんください

秋に、新しいCDができるので いまは録音作業中だそうです
和歌山の山荘や中学校の音楽室で、録音中とか なんかいいかんじ・・・

次回ライブは、8月27日 大阪 クラブジャングル 9月17日京都まほろば です

それと ミクシイのコミュニティもつくりました
ミクシイをやっているかたは こちらもどうぞ
「りんどうさん」で検索してくださいね
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-08-20 12:07 | りんどうさん
あつーーーーーい ですね


これは、ベランダのかぼちゃの花

f0032106_141532.jpg
私は、毎日 お帽子かぶって チャリ通
そして 来週1週間 夏休(なつきゅう)!

お盆は、堺の実家に帰って、盆踊り お墓まいりなど
そして 
16日から、ちょっと 信州いくねん 
数年来 無言館(戦没画学生の美術館)にどうしても いかなくては と 思っていて
来春リニューアルとのことで やはり この夏にいくことにしました

きょう 図書館で 信州のガイドブックかりてみたら
無言館のある上田市塩田平は、「信州の鎌倉」とか?

うう 不安半分 楽しみ半分で いってきまーす

モバイルがないので 報告は お盆あけでーす
 
[PR]
by anzu-ruyori | 2006-08-11 01:44 | 日々ログ