逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

青空と雲とカフェナミダ

きょう 久しぶりに 鴨川河川敷を自転車で 走った。
ゴイさんにあえて うれしい 夕方の空は、レンブラントの絵のようだった。
f0032106_22233746.jpg


五条のひとまち交流館にl、あんず錬金文庫の増刷をしにいきました。
どんどん 配るぞ 



七条までいって カフェ ナミダに はじめていってみた。4月にオープンしたお店。
おしゃれだけど なにか落ち着くお店です。
カフェ ナミダで、「僕もいくさに征くのだけれど」を、再読。
これは、宇治山田中学の二つの友情物語でもあった。
竹内浩三と中井利亮さんの友情と 小林察と西川勉さんの友情が
わたしに、「竹内浩三」をしらせて くれたのだったと じんとなる。


カフェナミダの かわいらしい案内カードは、チョキチョキにおいてあった。
チョキチョキのゆきさんのライブで、出会った さっちゃんに カフェナミダで
再会 17日 いっしょに 芝居を見に行くことになった@ザンパノ

http://d.hatena.ne.jp/in_a_train/20080329/1206803378

肥田くんのブログ ↓

http://d.hatena.ne.jp/noise-poitrine/20080720/1216566963

肥田くんとであった静かな朗読会に、こないだはゆきさんもきてくれて
こんど 朗読会主催の美千子さんの梅干会にゆきさんと一緒に おさそいいただいた。
どんどん つながっていくぞ おもしろいなああ

あの方は誰かと つながっているかなあ

京阪五条の地下におりる階段で、タオルをかぶって すわっている男の人がいた。

大きなかばんの上に、仕事をするために「愛知」にいくので、電車賃を助けてください 
と書いた紙が おかれてあった。

声をかけようか どうしようか しばらく迷った。私にできることがあるだろうか。

日向にすわっているので、頭に直射日光がぎらぎらあたっていた。
肩をたたいて 反対側のほうが陰になっているから移ったほうが いいですよ といった。

どうして 「愛知」にいくのですかと きくと 住み込みの仕事があるからと わりあい
饒舌に話してくれる 日に焼けた ちょっと太った 30代後半ぐらいの男性。

夕方、もういちど いってみたら、やっぱり座っていた。
肩をたたいたら、顔をあげたけれど すぐ伏せてしまった。
脱水症状では、とおもって 自販機で お茶と乳飲料をかってきて
渡すが、すぐには飲まれない。
「お名前 なんていわれるのですか」ときいたら「タナカ」と答えて
また 顔を伏せてしまわれた。

ああ あの方も タナカさんだった。と 思い出した。
西成でであった東京の人だった。
http://miteikou.exblog.jp/3893757/


タナカさんたちに とって 少しでも いい夜であるようにと 祈る
[PR]
by anzu-ruyori | 2008-07-27 22:28 | 日々ログ

きょうは 帰らへん 

ああ こんな日が 私にくるなんて と思ったのは、20歳のときだったけど

45歳で また きたよ  子ども(18歳)にいわれた

「きょうは 帰らへんし」

「えーー」といった自分の声が (私の)母と同じだった

「今 四条のカラオケ 6時までフリープランはいったし」

やって・・・ 「気ぃ つけてね」といって 電話をきった。


f0032106_1412129.jpg
カラオケボックスにも 青空を!












夕方、仕事から 帰ったら、いつもだらだらTVを みている筈の 子どもがいない。
7時をすぎても帰ってこないので、携帯に電話したら 下鴨神社のお祭りに
友達といっているという。
「遅くなるし」というので 私もお出かけ。

プールさんの「西の窓」 営業は、きょうまで 
ゆっくり出かけて、9時前についた。落語会は終わっていたけど 一言自己紹介のあと
もちよりパーティ 
惑星学校のコサさんや、キュートット出版のきょへ ひさしぶりのひなちゃんなど
見知った顔もあって ほっとした
竹内浩三さんの話をして、教科書で「骨のうたう」をしって 記憶していた女の子が
興味をもってくれて うれしい。
あしたは、あんず錬金文庫を 増刷するぞ! 

このブログで 竹内浩三さんについては、↓
http://miteikou.exblog.jp/i12/










以下、わかる人にはわかる 独り言↓

ひとりなので、おのずと 江古田ちゃん状態(しかも ゴキさんもでてきて 
さらにリアル江古田ちゃんやわ) 

 
[PR]
by anzu-ruyori | 2008-07-27 01:03 | 日々ログ
ことしも 暑くなりました みなさん いかがお過ごしですか
私の夏遠足の予定を 発表しまーす

「ぼくは、芸術の子です。~竹内浩三流ライフスタイル~」


期   間:8月2日(土)~8月24日(日)※月曜休館
時   間:午前9時~午後4時30分
会   場:本居宣長記念館2階講座室
展示説明会:8月10日(日)の13時半より展示会場にて
      (担当:当館研究員 千枝大志)

竹内浩三に関する創作作品の観賞会

   歌  :小園弥生さん、紙芝居:中村進一さん
   日 時:平成20年8月10日(日)15:15~16:15
   会 場:桜松閣(旧鈴屋遺蹟保存会事務所)

http://www.norinagakinenkan.com/whats/08natsu_special.html

久しぶりに、紙媒体の個人誌をつくりました。
「あんず錬金文庫」といいます。「きらきらしたもの」を紹介していきます。
第一弾は、「浩ちゃんよう」です

f0032106_2348439.jpg


私が作ってもいいのかな こんなんで いいんかなあ と どきどきしなが
コピーして、切り貼りして ちまちま作りました

そばでみていた子どもが 「お母さん 楽しい?」と にたりとして
きくので、「たのし~い!」と 答えました

仕事のことで悩んでいるけど、もう好きなことやんねん!と
「あんず錬金文庫」を作ったら、元気になりました

ありがとう 浩三さん 森さん

みんながみんなで 愉快に生きよう


手渡しして いますが キッチン ハリーナさんにすこしだけ置いてもらっています
[PR]
by anzu-ruyori | 2008-07-24 23:55 | 浩三さん(竹内浩三)
りんどうさんから FAXが届きました

 「清志郎さんが心配だ」

 ガンが転移!ライブキャンセルとのこと
 ホームページに 手描きメッセージ↓
 http://www.kiyoshiro.co.jp/news/index.html

りんどう 四国 ツアーです

8月13日(水) ライブハウス リッキー


香川県高松市古馬場町8-30 電話 087-811-7873

   19時半スタート ¥1500


8月14日(木)
 Cafe & Live ケセラ 

香川県綾歌郡宇多津町平山2628-146 0877-49-7065

   19時半スタート ¥1500


待望のライブ決定!

9月20日 心斎橋 パルチザン 

りんどう & 藤川真理 
[PR]
by anzu-ruyori | 2008-07-16 02:05 | りんどうさん
7月12日土曜日 まほろば 

f0032106_1311122.jpg

きょうは、ハレルヤバンド まほろばユニット


連日の暑さに、いつも果実酒 水割りの私も「ビール」をオーダー
まほろばのビンビールは エビスの大ビン!
そして、いつもの「豆腐サラダ」 「茶碗むし」(出汁だしで とても美味しい!)

まずは、ペダルスチールギターの 荻野つとむくんと ハミングバードのりんどうさん

1 星の轍(わだち)  
 f0032106_136689.jpg   
 
 ペダルスチールのイントロがいいかんじ♪

 ← 荻野つとむさんとゲバラ


    君がこの星に生まれてきた
    大切な意味が
    ぽっかりと口をあけた
    僕の庭にもさいてた


    ほら ここにいるよって 言ってる
    ほら ここにいるよって 言ってる




2 地球の裏側の詩人

    私の好きなアップテンポの地球の裏側の詩人!

3 月がいちばん大きく見える丘
  
    アルバム「ハレルヤ」で ペダルスチールがとてもいい一曲

    CDで 聞きなれている音が 生で流れてきて 沁みる

   ♪ 僕が歌ってもどこへも届かない
      そんな夜もたしかにあったけどね

   ♪ 水玉にのってあの娘がやってくる  ← この「水玉」が「水玉屋りんどうオフィス」に        そんな夜を僕は信じてた           つながっているのかなあ
      

  そして ♪ ぜひあの娘のために歌うんだ  の 「ぜひ」が すごく印象的

4 青春の蹉跌  

   映画 青春の蹉跌 の話 桃井かおり主演 お嬢さん役の壇ふみが、すごいらしい
   みたいような みたくないような・・・

ここからは、「古いうたシリーズ」

    前回 のんライブのあと、まほろばで 「昔の歌も歌ってほしい」という
    声があがったからかな?名曲シリーズです

5 夜を飛び越えて

    ♪ ゆっくりと目をあけ 唄いだす

       僕は祝福の糸つむぎ
       長い歌はまだ はじまりサ

6 アジア

    アジアの渇いた街に たたずんで
    俺が登っていく道をみた

  かつて この一曲が いいからと 唄わせてくれていたお店のマスターがいたとか


ここで、なぜか 緑摩子の映画「盲獣」の話に。りんどうさんおすすめですって。

盲獣  1969/大映 監督:増村保造 原作:江戸川乱歩
[出演] 緑魔子 船越英二 千石規子

7 It’s not the spot light

   これは、ロットスチュワートの曲を 名訳  いい歌です。

8 南風が吹く頃

  ♪坂道をころげていく 笑い顔 忘れてる 迷わないようにね

9 蓮の花

  
ここで オヤビン(中井友美さん)登場!ボ・ガンボスのライブにいっていたそうです。

10 カノン

   わあ やっぱりバンドやあ ペダルスチールとギター そしてエレキベース
   音の重奏  安定してるぅ

11 I won't you (夜の斜面)

12 高円寺

   新曲です!そして ハレルヤバンドできくのは初めて うれしいな

   ♪ 生臭い紫の煙の 向こう側~ ♪
     
     いつのまにか カタくなってしまった 愛の証しは

     ジョンコルトレーンの野心のように 黒光りしている


     ボードレールの小指みたいに 君にさわりたがっている
     
     ローラニーヨが ひいたピアノみたいに 愛を探してる

  ラスト ♪ 愛を探してる ♪君を探してる の フォーク調がかわいらしいです

 りんどうさんが 「ことしは この曲で いきます」って 「演歌か」と野次が飛ぶ。
 「 新曲が 一年に一曲ペースなので・・・」と 恐縮するけど それは熟成ですよね
 
  いい曲ができて よかった  ありがとう

13 リバー ペダルスチールの河のうたもいいですね

14 バケツ  ベースの入ったバケツは、渋いッス

15 夜はロックンロール

アンコール

16 やわらかい人   10時をすぎていたので マイクなしで 丁寧に。
   
[PR]
by anzu-ruyori | 2008-07-16 01:27 | りんどうさん
千人針は語る 野寺夕子写真展

f0032106_23255582.jpg

野寺夕子さんの仕事は、妊婦さんの写真集のときからずっと 敬意をもってきた。

新聞で連載されていた遺影のセピアの写真や、花の接写写真など 真摯で感動的写真たち。
はじめて お会いしたけれど、岐阜弁のまじるお元気な話ぶりは ちょっと意外だったけれど
この元気さがいい仕事の源なのでしょう。


はじめは、「千人針は語る」が2年目の新装版になるとき、表紙写真を森さんが野寺さんに依頼されたことが発端。2枚の千人針の撮影を終えたとき、野寺さんは 他の千人針もとりたいと思って、森さんにそう告げたけれど、森さんは「撮れないでしょ」とおっしゃったそうです。
「箱に、入とったですよ、千人針たちが」でも 実物の千人針たちは、戦場での損傷や歳月を経て 色が沈み込んでいて、美しいとはいえない。そして とても想いがこもっているものたち。それを撮影することの難しさは、想像できる。野寺さんは、日吉町のご自宅で 布たちと同じ部屋で寝て 縁側やお庭で、布と向いあい 撮影されました。 

森南海子は、「花たちのように 千人針を撮ってやって。針目を 糸を 布を 撮ってください」といわれ、野寺さんは、「遺影をとる気持ちで撮影した」そうです。

「撮れないでしょ」といわれた森さんだけど、
女が刺した千人針が、森さんに集まり、野寺さんが撮影されたということは
「女の仕事として、完結できて よかった」と 話されているそうです。よかったですね。

1時からの野寺さんのトークの時間に 集まられていた方々・・・

80歳くらいのご婦人
「中支(ちゅうし)の頃は、時間もあるし 物資もあったけど
大東亞(だいとおあ)の時は、3日ぐらいで 刺さなあかんかったりして たいへんやった」

「一人一針しか刺せへんけど、寅年の女のひとは、千里(戦利)をかけるいうて 歳の数だけさせたから 私の母は寅年やったから、夜中でも あと何針っていうて もってきはった」

とおりがかった88歳の元満鉄の男性
「これは しらみがわいて まいてられへんかった 結び目に卵 うみよんねん」

6日まで、堺町画廊

http://www.h2.dion.ne.jp/~garow/exhibition.html

来週の 国策紙芝居の展覧会も 必見です!
[PR]
by anzu-ruyori | 2008-07-03 23:55 | 平和 自由 
G8洞爺湖サミットの関連で、京都では外相会議がおこなわれたから、6月26日と27日は
朝から、夜遅くまで、上空にヘリコプタが パドリングしていた
道のあちこちに、警察官が たっていて、学校から帰ってきた子どもが
「犯罪者を運ぶ車に ケイサツがいっぱい乗ってたでぇ」と、いう 

26日 集会とデモに参加
集会で、釜パトのK桐さんの報告をきき、釜ガ崎暴動のことが 身近になった

以下のブログなどで、知っていたけど、直接、話をきくと よくわかった
やっぱり、ネットより生です
http://www1.odn.ne.jp/~cex38710/thesedays13.htm
橘さんのブログも、気持ち伝わってきた
http://robou.exblog.jp/9142421/

26日 「京都迎賓館まで」のデモは、鴨川を渡ることができなかったけど
好天の路上解放!気持ちよかった でも 車道には ケイサツカンの列
歩道は、紺色の帽子をかぶって公安の人たちの列 

前日夜の四条河原町デモでは、機動隊も出動して、ひさしぶりに、対峙したジェラルミンの盾に、感涙の活動家もいたとか!?

今出川川端の交差点で、フランスデモみたいに ひろがって ちょっとだけ「攻防」

交差点の真中で、おどっていたら、傍にいた公安が、無線で、「交差点に立ち止まり
勧告もきかず~」とぶつぶついっていたから、もしかして「タイホされるかも」と ちょっとぎょっとしたけど、「たちどまってへんがな しょうもないこというな」って、傍にいた人がいってくれたりした

f0032106_1192597.jpg

9条実現のプラカードをかかげるA井さんは、いつも凛とされているなあ。
プラカードには、花も添えてあるのです。毎月9日、京都駅でスタンディングされている。


シュプレヒコールも アジテーションも、苦手。
デモで、社会を変えることはできない。
でも 自分を変えることはできる。

雨宮さんのブログに 共感↓
http://www.magazine9.jp/karin/080702/080702.php
「デモをやっても意味がない」なんてよく言われる。「意味」ってなんだろうか?
 もちろん、デモで具体的に何かが変わればそれに越したことはない。だけど、そういう「自由」や「手段」があると街頭でデモという形で表現すること、そのこと自体があまりにも意味がありすぎる。そしてそれを実際に知っていたり目撃していたり参加したりという経験は、時に転倒しそうなリアリティを取り戻すのに絶対に無駄ではないと思うのだ。

[PR]
by anzu-ruyori | 2008-07-03 01:26 | 平和 自由 

信じよう 愛しよう 

訃報が届く、竹内浩三「五月会」の森節子さん


奇跡に間に合いませんでした

一度もお会いしなかったし 
電話もしなかった

飛んでいって ありがとうとごめんなさいをいいたい

ところが もう いないのである

白い病院の壁に 五月の空は見えただろうか

青空スイコマレテシモウタ

森さんの魂が 朝熊山の上までとんで 浩三さんと風にのって
伊勢の町をかけめぐっていることでしょう

ありがとう そして これからも 見守っていてください

ぐうたらべえの わたしだけど 
浩三さんのこと 伝えていきます

せめてものお礼 

(浩三さんの手紙 1944 9 11より)


佐々木健さんが、作成されたYOU TUBE 動画 五月のように↓

http://jp.youtube.com/watch?v=UmQbjsBeS0M
[PR]
by anzu-ruyori | 2008-07-02 01:57 | 浩三さん(竹内浩三)