逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

昭和19年

7月25日【火曜日】

 水戸行きの射撃にのこることになり、そのかわり、二十八日の衛兵に立つことになった。

7月26日【水曜日】

 水戸行きで、中隊の大部分が出て行った。
出てゆくのと前後して、ぼくは、中隊長の家へ公用に出た。家は安食にあった。

飛行場を半分まわったところで、つまり、ここから向い側になる。
奥さんは高峰三枝子そっくりとかで、見てやろうといきごんでいた。

ごくろうさんと云うイミで、アメダマを九つくれた。
十人なみであった。

吉沼まわりで帰ることにきめた。松林の中で、男が二人タバコを刷っていたので、そこで、休ケイした。

十一屋書店へよって、カミソリの刃と門馬直衛氏の『楽聖の話』と云う本とを買った。
カルピスとカボチャをごちそうしてくれた。

 帰ったら、午睡の時間であったので寝た。班内も五、六人で静かでよい。
夜は、のんびりと、乾信一郎の『コント横町」を読んで寝た。途中でふき出すような、おかしなものであった。

7月27日【木曜日】

 午前中、銃剣術であったけれども、さぼっていた。

雨と、太陽と、まだらにやってくる日であった。
班内がきわめてのんびりしている。寝台の上で、『コント横町』を読んでいた。こんなのんびりさが、うれしいほどだから、いまの生活は、かなり窮屈なものであろう。

去年の今ころは、これ以上ののんびりした生活をしていた。久居で、毎日、将集の当番をしていた。毎日、本を読んで、なんにもしなかった。

 十三時からの午睡も、気持ちよく寝た。午睡がすむと、ただちに銃剣術であったが、便所へにげて、寝た。くさいところで寝た。帰ってきて、班内でまた寝た。トマトが上った。うまい。玄妙な味であった。

 ひぐらしが鳴いて夕方がきた。
 今夜、おそく、水戸へ行った連中が帰ってきて、班内は、またうるさくなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで、筑波日記は突然 終わる。

このあとも、余白のページが残っているそうです。
「班内がうるさく」なって、見つかりそうになったので
いそいで日記を故郷に送ったのだろうか。

この後も、次の手帳に書いていただろうか。

きっと、書いていただろうと、私は思います。
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-07-29 14:15 | 浩三さん(竹内浩三)
昭和19年 

7月23日 【日曜日】

 ネムの木は、伊勢では珍しいが、ここではざらにある。野にも山にもある。
営内にも、いくらもある。いま、その花が咲き出している。ゆめのような花である。

 そこへ、大竹がきた。「竹内古兵どの、血液型の検査しに来いって」「いたいかい」

 B型であった。

 こんなときこそ、ことばをつつしまねばならぬ。サイパンがやられたと云って、
コウフンして、申しわけなし。切腹しておわび申そうなどとは、笑止というより、はらだたしい。おちつけ。あらぬことを口ばしるな。

 広井がまたきて、手相の話をしだした。
手相を科学的に説明しようと云うのである。ホウセンカの茎が赤ければ、その花も赤いように、そこに相関性があると云うことから、手相と頭脳との相関性を云うのである。
なっとくのゆきそうな説明である。そして、ぼくのを見てくれたのだが、みる定石として、被看者の過去の行跡を、たとえば、両親がないと、女のことでは、なかなかなやむたちで、それが一度ならず、二度あり、二度目の方がはげしかったとか、心臓の弱いこととか、そんなことを云いあてて、相手に手相を信じさせて、おもむろに、未来をかたる。

 五十歳までは生きる。安心した。
一生物資にはめぐまれる。金持ちの家へ養子にゆく。
女房がやりでで、本人は、好きな仕事をやってる。道楽は食道楽。
子供は六人、末の男の子で、すこし苦労する。

一年以内に、死にぞこないに会う。と云うのは、どう云うイミが。
とにかく、死にぞこなう。そこで、精神的に人間が変わる。

結婚は、マンキの後、二年。

それと、前後して、君の華々しい時代がくる。世間的にも名声をハクすると云ったふうであった。

 7月24日 【月曜日】

 経理室当番を下番した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

浩三さんは、B型であった。

広井さんの手相は、まったく当たっていないのに、当たっているようにも思える不思議な手相だ。


 
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-07-29 14:02 | 浩三さん(竹内浩三)
7月21日 【金曜日】

 ねむくてやりきれない。ひぐらしがふっている夕方であった。

 当番室の入口のところへイスを出して、タバコをすいながら、ひぐらしのけしきをながめていると、広井と云う三中隊から来ている本部の当番が、
竹内さん、何を考えておられるかなと、肩をたたいた。
話してみると、はなせる。

絵の話などをしていた。あしたのやすみは、ゆっくり話をしようと云って、帰って行った。
 のみがひどくて、なかなか眠れなかった。

 7月22日 【土曜日】

 やすみであった。下士官室にあった『紅白うそ合戦』と云う、佐々木邦の本を読んでいた。
この人は、よくまァ、こんな同じ題材ばかり、あきずに書いているものだと感心した。
 大学生、会社員、重役、社長、そんなことばかり書いている。

そこへ、広井がきて、映画のはなしになった。なにが一番よかったかと云うので、「パリ祭」と云うと、ぼくのひざをぽんとたたいた。

 雨になった。ひるから、ひるねをした。
広井がきて、中隊へ帰って、面白い人物を発見したと云って、きみのことを川端と云う、これもまた話のわかる男にはなすと、川端は、君のことを前から知っていたそうだと云った。
川端て、知らんなァ、顔見たら知っているかもしらんが、はなしは、おもしろくなってきた。

雨がひどくなっていた。雷も鳴り出した。

 ところで、話はかわるが、サイパンがやられ、東条内閣がやめになった。
一体これはどう云うわけか。「政治に拘わらず」と勅諭に云われているし、ぼくは、もともと、政治には、ぜんぜん、趣味のないおとこで、新聞などでもそんなことは、まったく読んだことがなかったから、そう云うことに口をなさむシカクはないのだけれども、東条と云う人は、あまり好きでなかった。
山師のような気がしていた。
そして、こんどやめたと云うことも、無責任なことのように思えてならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

盛夏、22日の休みは本を読んだり、話をしたり、浩三さんらしい休日。

サイパン玉砕。
大本営発表
「サイパン島のわが部隊は、4月南下早暁より、全力を挙げて最後の攻撃を敢行。所在の敵を拾滅し、その一部はタコウチュザンまで突進し、優先力と敵に多大の損害を与え、16日までに全員壮絶なる戦死を遂げたるものと認む。サイパン島の在留邦人は終始軍に協力し、およそ戦えうる者は完全戦闘に参加し、おおむね将兵と運命を共にするものとする。」

サイパンから生還した兵士の証言
http://ameblo.jp/tashutayou/entry-10466153110.html

東条英機は、サイパンの惨状を想像できていただろうか。
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-07-23 08:43 | 浩三さん(竹内浩三)
昭和19年

 7月18日 【火曜日】

 やりたくなかったので、朝の剣術はやめた。
 かけ足で、汗であった。
 ひるから、宮城島信平のアトをついで、経理室当番に上番した。

 夜、本部のうらの車庫で映画があった。
 まず、パラマウントのマークが写し出されたのでびっくりした。
 ポパイであった。”I YAM WHAT I YAM" と云うのであった。
 その次が「暖流」であった。

 中井利亮からたよりがきていた。

 7月19日 【水曜日】

 西にはしり、東にはしり、茶をわかし、炎天のもと、汗みどろ。

 経理室当番である。きょうから、十三時から十五時まで午睡を行うことになった。
当番も寝よと云うが、寝る場所もないし、そう云っておきながら、ちょっと酒保へ行ってきてくれぬか、スイジへ行ってこいと云うのだから、寝るわけにもまいらぬ。

 あちこちまわっている途中、宮城島信平に出会うと、どうや、ビジイかなどと、英語まじりで云う。信平はロスアンゼルス生れであるから、英語をまぜて、ぼくにはなしをする。
うん、目がラウンドや。

 きょうもまた映画であった。漫画でチャップリンのような男が戦争に行くはなしで愚劣きわまりなかった。

 「将軍と参謀と兵」で、これはすぐれた映画であった。
 「母なき家」で、こんなつまらない映画もめずらしい。途中でみるのをやめて、当番室にかえって、蚊にくわれていた。

 7月20日 【木曜日】

 ひまをみて、エミール・ウテッツの『美学』を読みだしたが、難解だ。
美学などと云うものはたいてい難解で、その上つまらないものが多い。

 岡安の伯母さんからハガキがきて、松島博の召集のことをしらせてあった。
姉からはなんとも云ってこないが、姉も気の毒である。

しかしながら、こんな気の毒は、日本中どこへ行ってもざらにあることで、
ああ戦争は気の毒な人々を何万となく製造しながらすすんでゆく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮城島信平さん「どうや ビジイか」
浩三さん 「うん 目がラウンドや」

日本陸軍の中でこんな敵制語の会話があったなんて!ゆかいな戦友がいてよかったね。
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-07-21 00:23 | 浩三さん(竹内浩三)
昭和19年 

7月13日 【木曜日】
 兵器ケンサやら、ヒフクケンサやらで、ごたごたしていた。
 夕方、銃剣術をしていたら、ひぐらしのなきごえがこぼれてきた。
 こぼれてきて、こぼれてきて、ぼくは、びっしょりぬれていた。

 7月14日 【金曜日】
 外出した。十一屋にあずけてあった『宮沢賢治覚え書き』を持って、バスにのった。

 ブドー酒にメイテイして、下妻の町にいた。本屋で、エミール・ウテッツの『美学』と云う本を二十センで買った。床屋で頭をかった。床屋に、岩波文庫のチェホフの『かもめ』があったので、売ってくれぬかと云うと、貸してやろうと云うので、かりてきた。

 ひとり、中学校の校庭へきて、桜の下で、本をひろげた。

 7月15日 【土曜日】
 体操をしていた。
 ひるから、銃剣術をしていた。汗であった。
 ひぐらしがないていた。朝熊山と父のことを、ひぐらしからおもい出す。

 7月16日 【日曜日】

   しぼるような汗になり、
   銃剣術をやり、
   くたくたになり、
   飯をがつがつくらい、
   水を一升ものみ、
   作業衣を水でざぶざぶゆすぎ、
   エンピをかついで穴ほりにゆく。
   砲弾のための穴で、
   タコツボと云い、中で広がっている穴だ。
   また汗で、
   また水をのみ、
   からだは、まっくろになり、
   こんなに丈夫になった。
   夕食をくって、
   はだかで、
   夏の陣の雑兵のようなかっこうで、
   けんじゅつをやり、
   ひぐらしをきいて、
   手紙をかくひまもなく、
   蚊にくわれて、
   ねている。

7月17日
 きょうはどう云うわけか、剣術をやりたくなかったが、朝おきると、すぐにやった。

 藤岡留吉という兵長が、朝めしを喰っているところへきて、
宮沢賢治の雨ニモマケズを知っていたら教えてもらえまいかと云ってきた。
通信紙に書いてやった。よろこばしいことであった。
 タコツボつくりに汗みどろ。

 ふんどし一つになっていると、汗がぼとぼととこぼれて、水をがぶがぶのみ、
カレーライスを喰らい、ラッキョをかじって、また水を飲んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 すっかり、夏になった筑波。ひぐらしをきいている浩三。
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-07-14 21:23 | 浩三さん(竹内浩三)
昭和19年

7月10日 【月曜日】
 ぶらぶらしていた。夜、三中隊の検閲の戦況現示と云うやつをやらされた。
四時ころから、演習場へ出かけて待っていた。七時ころからはじまった。
はじまるやいなや、岩波書店のマークのミレーの絵のような格好で、石灰をぽつぽつとまいていた。それが砲弾であった。

 白鳥座がきれいであった。

 7月11日 【火曜日】
 帰る準備やらで、一日ごろごろしていた。
 こんどの廠営は、まったくもってラクなものであった。
 
 7月12日 【水曜日】

 早朝、廠営をひき上げた。津田沼の駅で時間があった。
東部八七鉄道隊へ入って、貨車の下でひるねをしていた。やける炎天であった。
 夜、筑波へ帰ってきた。

 土屋からと、山室貴奴子からと、島田甲一から、ハガキがきていた。
島田甲一のお父さんが下妻にいると云う知らせは意外であった。どこにいるかくわしく聞いて、
会いに行こうと考えた。甲一は、ぼくが江古田にいたとき、下宿していた家の息子である。

・・・・・・・・・・・・

岩波書店のミレー
f0032106_20204244.jpg

岩波現代文庫「戦死やあわれ」 裏表紙に、ミレーの絵があります。
浩三さんは、どんな気持ちだろう・・・
f0032106_20242565.gif
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-07-14 20:34 | 浩三さん(竹内浩三)
6月30日~7月1日の大飯原発再稼動阻止行動のドキュメントミニ動画みました。

感動的です。ビバ!非暴力不服従直接行動★
ありがとう、ジェロニモレーベルさん

★俺が見た大飯原発オキュパイ
http://youtu.be/RPAR_adQEzo


一週間後に、息子の運転教習をかねて、京都から若狭までドライブしてきましたあ~

フル稼働中の大飯原発 そして、定期検査中?の高浜原発にいってきました。

f0032106_2035434.jpg

大島半島に渡る橋 原発ができたから橋ができて、とても便利になったそうです。

 

f0032106_20104475.jpg


「特別警戒中」 大きな装甲車が中にある(機動隊車両) 

f0032106_20203787.jpg
漁港 

大飯原発から車を走らせ、1時間たらずで高浜原発へ

f0032106_20162495.jpg

高浜原発、道路から建屋がみえるぅ・・・ ゲロゲロ
f0032106_20172194.jpg

そして、美しい海へ温排水が流されいく・・・

私が原発の非合理をしってから30年。
私がこの原発銀座を生み、存在を許してきたのだ。
だから、私は原発いらないと言い続けなければいけない。
少しづつ、かわる時代を楽しみながら・・・。
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-07-13 20:24 | 平和 自由 
昭和19年

7月5日 【水曜日】

あしたから、また、習志野へゆくのでそのじゅんびであった。

7月6日 【木曜日】
 機関銃を早くつみこまなければならないので、四時におきた。
北条駅でつみこみをして、本隊のくるまで、倉庫で寝た。
 十時四十分、汽車にのった。汽車の中は、ずっとねむっていた。

7月7日 【金曜日】

 午前中は、カンキョウの整理であった。
 ひるから、ゴウを掘っていた。こんどの廠営はラクである。
 たなばたである。清野班長が牽牛織女の星を教えてくれた。

7月8日 【土曜日】

 午前中はなんにもせずで、ひるから、あしたのケンエツの予行の中隊教練をやった。

7月9日 【日曜日】

 検閲であったので、朝が早かった。検閲の演習がはじまった。
弾薬箱を前において、伏せをしていたら、眠っていた。

検閲の補助官が「おい」とおこした。
お前、ねとったな。
いや。
いびきをかいておった。
はあ。
報告をしておく。
 (勝手にせい)
 弾薬箱をかついで、はしっていた。汗であった。ひるからは休養で、ひるねをした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、習志野で演習。

寝ていたところを、見つかるとは・・・。
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-07-11 00:52 | 浩三さん(竹内浩三)
昭和19年 

7月1日
 きょうもエンタイつくりであった。きのうのくたびれがかさなっていて、汗と土でどろどろになっていた。にぎりめしが間食に出た。どろ手で、どろ顔で喰っていた。

7月2日
 きょうも、一日エンタイつくりをやって、出来上った。雨がふってきた。
 山室貴奴子から長い手紙がきた。
 ふかいりしそうな気配に、ぼくの気持がなりかけている。

7月3日
 対戦車肉薄攻撃と云ういさましい演習であった。
 ひるから、松林の中で演習していた。
 ぼくの敬愛する漫画家中村篤九が、島田啓三の「勝ちぬき父さん」についで、漫画を連載することになり、そのアイサツに、
「苦しいことつらいことのあとに楽しいことがあるのでなくて、苦しいことつらいことの中に楽しいことがあるのです」と云っている。いいことを云ってくれた。
島田啓三の漫画はちっとも面白くない。この人には漫画家としての素質がない。


7月4日
 休みで外出があったけれども、腹具合がわるいので出なかった。
その辺をかたづけて、十一屋義三郎の『神風連』と云う小説を一頁ほど読みかけたら、ケイカイケイホウがなった。
 宇野曹長の家へとんだ。ヒルからバケツ班であった。夜になっていつも行く飛行場のはしの陣地へ行き、うどんをつくっていたら、テッシュウしてかえれと云ってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中村篤九の文章がおもしろい

http://www.kajika.net/bunko/?%92%86%91%BA_%93%C4%8B%E3、
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-07-09 22:39 | 浩三さん(竹内浩三)

非暴力の戦い★大飯原発

京都から北へ2時間、大飯原発が動きだしました。

大飯原発ゲート前では、全国から集まった人たちが機動隊と対峙しています。

この人たちは、決して一部の「反対派」ではありません。
原発に不安をもっているたくさんの人たちの身代わりに、この場所にいてくれています。
本当にありがたいと思います。
民主党は、「国民の生活を守る」といいますが、どの国民を守りたいのでしょうか!

f0032106_23464238.jpg


http://www.nihon.jpn.org/ooi/

oyasumiireneさんの生中継 
http://twitcasting.tv/oyasumiirene/embed/live-480-0

以下、今 現地にいる友人からのメールです!
・・・・・・・・・・・・
ゲート前より
大飯原発3号機、再稼働したようですね。
ここからはまったくわかりません。

こちらの状況は、実力行使に警察が入ってから3時間余り。
一番外側の座り込みのバリケードは暴力的に引き抜かれ、その次の自動車のバリケードを警察は突破。
ゲートに鎖でくくりつけた仲間たちと対峙。
そのゲートの原発側に約50人の仲間が、ドラム隊のリズムに乗って、完全武装の機動隊に押し返されないように頑張っています。

残った仲間たちは、座り込みのラインからかなり押し出され機動隊と対峙して、ゲート内側に孤立した仲間を励ますように抗議を続けています。

警察は解散しなければ実力で排除すると指揮車から再三通告していますが、中に孤立している仲間たちを勇気づけるためにも続けるしかありません。
中で頑張っている仲間がこれからどうなるのか、非常に心配です。
今のところは、逮捕者は出ていません。みんな非暴力を徹底しています。

・・・・・・・・・・・・

けが人、逮捕者の出ないことを祈ります。

きょう、健康診断がなければ私も駆けつけたいところですが、残念。
パソコンで生中継みています。


追記)
2日午前0時半ごろ、仲間を分断していた機動隊がひきあげて、孤立していた人たちが仲間とつながりました。
2時半ごろ、事態は収束して、非暴力の抵抗活動が終わったそうです。
怪我や逮捕者なくて、本当によかったです。
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-07-01 23:47 | 平和 自由