逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0032106_21591846.jpg


東京で、朗読劇に参加します。
どきどきの5回目の再演。

放射能と地震と寒さの三重苦? でも 楽しんできます!

東中野での出会いを楽しみに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「忘却が次の虐殺を準備する」と言います。
だとすれば、私たちは今、ガザを忘却することによって
次の虐殺を準備しているのかもしれません。

忘却に抗してガザを記憶し続けるために、何よりも、150万の人間を袋の鼠状態にして
一方的に殺戮するという、人間の想像を絶する出来事を前にして、
その攻撃に見舞われたガザと私たちを
「想像力」という人間の力によって架橋するために、

出来事から5年目のこの12月、
朗読劇「ガザ 希望のメッセージ」を再演します。

肉声を通して語られる、ガザの声、そしてガザへの思いに触れてください。

(作、演出 岡真理)


「国境なき朗読者たち」http://readersforpeace.sakura.ne.jp/

会 場:Space & Cafe ポレポレ坐 東京都中野区中野4-4-1 ポレポレ坐ビル1F

入場料:事前予約 1000円 (高校生以下 800円)/ 当日 1500円
予約・お問い合わせ  080-5314-1539 (つくい)/ gaza2013tokyo@ gmail.com

日 時:
1.12月13日(金)開演 19:00
2.12月14日(土)開演 14:00
3.12月14日(土)開演 19:00

注)開場は開演の30分前、受け付けは開場の20分前です。開演の15分前までに、受け付けをお済ませください。開演前15分を過ぎても受付をされない場合は、キャンセル扱いになりますのでご注意ください。
[PR]
by anzu-ruyori | 2013-11-29 22:06 | 平和 自由 
晩ご飯をつくりながら、頭が痛くて

「わ~ 頭いたいわ~ 生理痛やわあ」といったら、

23歳の息子が「 ふうん 生理痛なんや・・・」とつぶやいた。

私は すかさず 

「おかん まだ 生理あんのか!って 思たやろ」

という 息子が「うん」と素直にいうから、
調理の手をとめて 傍にいき

「あんな 男の精子は 毎日 毎日 作られるけど 
女の卵子は、思春期に全部できて おなかに入ってんねん。
私は、13歳の冬からやから、ことしで37年やわ」

と、いった。

息子は

「ふーん 数えられんや」

というので、数えてみた。

私の月経周期は約28日でほとんど狂いがない。


37年×13回=481
一回の妊娠出産と2回の妊娠中絶の間の無月経期間が18ヶ月として

481-18=463  一回に一個の排卵として、463個の卵を抱いてきたんやあ

まるで、産卵期の鮭やんって、思ったけど、鮭の卵って 3000粒やって!負けた~!


それから、また検索してみると 私の認識も違ってて、
卵子のもとになる「原子卵胞」は、胎児のときからあるのやって。


卵は妊娠5カ月か6カ月の胎児の頃が一番多く、500万個とか700万個あるといわれます。ところが「おぎゃあ」と生まれる時にはすでに200万個くらいに減り、思春期、つまり生殖年齢に入った頃で10万個から30~40万個くらいになっています。

 詳しくは以下に

http://amh-asada.jp/tamago/01.html


胎児のおなかの700万個は想像ができないけど。

私が少なくとも463個の卵を排卵したことは 確か。

「たいしたもんだ」。健康でありがたい。


ちなみに、
うちの息子は「おかん」とはいわへんから、
「おかん まだ 生理あんのか」は大阪人の「自虐ギャグ」やね。

ちょっと 「桐島 部活やめるってよ」的?ちがうか(笑)
[PR]
by anzu-ruyori | 2013-11-10 20:08 | 日々ログ