逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
f0032106_1118560.jpg



20代の頃 一緒に活動していた仲間が、また演劇をはじめました。
うれしいことです。どうぞ、お運びください。
会場は元宝塚音楽学校とのこと、興味津々です。

2013年10月18日(金) ~ 20日(日)

―宝塚文化創造館稽古場支援事業―

劇社瀑組復活公演其之二

『 歌入りものがたり 夢のきれぎれ 』地の果てより消えたオトコの手紙

劇社瀑組創作/或いは太宰治 駆け込み訴え/或いは泉鏡花 婦系図/或いは宮本研 櫻吹雪日本の心中/或いは中江俊夫 語彙集/或いは瀑一人 戯言より



2013年10月18日(金) 開演19:00

19日(土) 開演14:00/19:00

20日(日) 開演14:00

*開場は開演の30分前





於:宝塚文化創造館(宝塚音楽学校旧校舎)

構成・演出:瀑 一人

出演:埴生美伽子、唯野朴訥、夕峰、有希、加藤有子、後藤陽子、森山雅夫、

   紗季

Staff

作曲・編曲・ピアノ演奏:江﨑昭子

照明:池田哲朗 舞台監督:塚本 修 (CQ)

音響:あなみ ふみ 楽曲制作:Alain Nouveau

映像:森山雅夫     衣装:植松直美

写真宣美:BAKU/吉田英幸


瀑組ホームページ
http://gekishabakugumi.jimdo.com/公演情報/
[PR]
# by anzu-ruyori | 2013-10-15 11:19 | アート
同志社大学で 毎年 学生主催で「日朝関係史講座」が開かれている。

10月11日「広島の在日朝鮮人史」の講座を聴講した。

私ははじめて「集団」とよばれた人たちのことを知った。

それは、広島市庄原市にある「高暮(こうぼ)ダム」の建設に、朝鮮人労働者が従事していたという事実だった。

f0032106_20511323.jpg
1940年から、建設がはじまり、約4000人の労働者のうち2000人ぐらいが朝鮮人だったという。
その中には トラックに乗せられてきた番号でよばれる朝鮮人たちがいた。集落の人たちは「集団」と
呼んでいたという。(講師のオ・インジェさんは当時の行政用語「集団移入労働者」からか?といわれていた)



「建物の周囲は板で囲いがしてあって、
坑木を立ち並べて出られないようにしてあった。
窓に はすべてタル木を5寸釘で打ち付け、
飯場によってはハッピ姿の用心棒のような者がいて、
シ ェパードを連れて見回っていた」

「生コンにまきこまれ埋まった人がいた」

「リンチがあった」

など、証言がのこされている。

過酷な労働と環境のため、たくさんの命が奪われた場所だった。

現地調査された元中学校教師の方の解説 ↓
http://www.saizenji.com/page031.html

1995年追悼碑が募金により建立され、追悼式が毎年開催されている。

朝鮮人と日本人が共同で建立され、追悼式が開催されている碑は
この高暮ダムと舞鶴の「浮島丸」殉難碑と北海道東川の追悼碑
だけとのこと。

いまの高暮ダム↓

http://side-way.jugem.jp/?eid=610
[PR]
# by anzu-ruyori | 2013-10-14 20:39 | 平和 自由 
f0032106_21205239.jpg

f0032106_2191766.jpg


日の出 



f0032106_21101679.jpg

この島にも 忠魂碑 大正6年建立   
f0032106_21103628.jpg
塔の上にあった 鷲が、取れてそのままに放置されていた。






f0032106_21215884.jpg

連絡船 6時45分発 一日3便 朝の船には中学生たちが乗っていました。

柳井湊から、JRに乗って広島へ。
2010年に朗読劇「メッセージ フロム ガザ」の公演以来の広島。
そのときのブログ→
http://miteikou.exblog.jp/13218392/

今回は「広島城」にいってみたいとおもっていた。

JR「横川」駅で降りる。映画」「黒い雨」で、重松さんが被爆した場所だと電車に乗ってから
気が付いたので、広島駅まで切符を買っていたが、おりてみた。
小説で読んでように、「可部行」の連絡駅だった。
そこから、少し市電に乗って、広島城へ。

暑い中、被爆ガイドの男性が声をかけてくださった。被爆樹や、やけた石垣の説明をお聞きした。

f0032106_21375365.jpg
大本営跡 
日清戦争がはじまった1894年に大本営が設置され、明治天皇が10か月間滞在していた。
仮首都として帝国議会もこの地で開かれたそうだ。



広島城の歴史
http://www.rijo-castle.jp/rijo/main.html

中国軍管区司令部防空作戦室 通信室跡

比治山高等女学校の生徒約90名が学徒動員で働いていた。
軍事専用電話で、被害の様子を連絡した、これが広島被爆の第一報の一つといわれている。
f0032106_21533634.jpg


f0032106_21541060.jpg

入り口 毎年8月6日に公開されているそうです。行ってみたい。

被爆当時の通信室 
f0032106_2212043.jpg


広島ドームは「耐震調査のため」の足場が設置されていました。(7月下旬まで)
f0032106_2285897.jpg


かつて、京都を走っていた市電に乗って広島駅へ。

時間あったので、結局 在来線で関西まで、ゆっくり帰りました。
広島駅を出ると、海から離れて内陸へ列車が向かう。
安芸中野~瀬野~白市(しろいち)~入野(にゅうの)~河内(こうち)~本郷~
トンネルを超え、峠を越えて、田畑に沿って走る列車。
かつて蒸気機関車でたくさんの出征兵士たちが、戦地へ向かったのだろうと思う。
車窓から、この風景を食い入るように、見ていたのだろうと思う。
駅からではなく、列車の見える田畑や山裾から人知れず見送っていた人もいただろうと思う。

車窓から、「慰霊碑」がみえた。

神戸で降りて、「100人の母たち」写真展へ。

f0032106_22144698.jpg



写真集をみたときは、「母性礼賛」ってかんじでちょっと、ひきましたけど、
大きな写真で、インパクトあり、ぐっときました。8月11日までです。

「100人の母たち」フェイスブック→https://www.facebook.com/100mothers

4日間の夏休み終了!また、絶対いきたい祝島。次回はぜひ、農作業をしたい ひじきの収穫とか。
[PR]
# by anzu-ruyori | 2013-07-22 22:56 | 平和 自由 
7月13日から、16日から 夏休みしました。

友人たちと山口県上関町祝島へ。ずっと ずっと 行きたかった。
30年前から、「上関原発」の建設計画に反対してきた祝島。
映画「祝島」や「ミツバチの羽音と地球の回転」でも、注目された島。

13日は、上関町室津港に宿泊。
漁師の方が、ご用意してくださった鯛やサバのおつくり、サザエの磯焼きを堪能!
「鳩子の湯」に入って、極楽~。

翌朝、上関の自然を守る会の「きぼう号」で、高島みどりさんの案内で、海へ。

f0032106_2034464.jpg
上関原発予定地 工事がすすめられていたが、福島原発の事故により 工事は止まっている。

2011年2月 この海に大きな台船がならび、たくさんの漁船とカヤックが阻止行動を行った。

中国電力 約600人動員し作業強行② 2011.2.22(3分41秒)
スナメリチャンネル Masayuki TOJO
http://www.youtube.com/watch?v=LSsByMcXDXo


f0032106_2035884.jpg
高島みどりさん かっけー 自然を愛するアスリート

f0032106_20422672.jpg











きぼう号からみる祝島 空からみると、ハートの形

f0032106_20392376.jpg






祝島 海に臨む

f0032106_20403815.jpg

なまこ壁

f0032106_20473652.jpg
海をみて育つ放牧豚さんたち 島内の生ごみを毎朝集めて餌にされています。


f0032106_20563829.jpg






小祝島
















月曜日18時30分から30年間続けられて「原発反対デモ」に参加して感激!

牧羊犬 マキさん 
f0032106_2327069.jpg




フリーライターの守田敏也さんが、「明日に向けて」で 詳しく報告してくださっています。
必見!

「祝島訪問記 1」

http://toshikyoto.com/press/882

「祝島訪問記 2」
http://toshikyoto.com/press/885

「祝島訪問記 3」
http://toshikyoto.com/press/887
[PR]
# by anzu-ruyori | 2013-07-22 20:58 | 平和 自由 
f0032106_11402122.jpg

★ 第19回 ユンドンジュの想いをつなぐ集い

2013年6月16日(日)13:30開演(開場13:00)



ゆめりあうじ 4F会議室 
京都府宇治市宇治里尻5-9
JR「宇治」駅すぐ横



<第1部> 詩の朗読 
「序詩」「新しい道」 他 

権貴玉、杏さだ子、梶原玲子 古澤亨、山本久子、


<第2部> 「東京のカラス」(金長好特集)
講演.辛淑玉(人財育成技術研究所所長)
東京生まれの在日コリアン3世。ビジネスショー、地方博・万博などのパビリオン運営、人財育成研修などを行う。

 
<第3部> 歌 

「故郷の春」「奪われし野にも春は来るのか」「鳳仙花」「序詩」「ふるさと」

孫柚起 朴実 


詩人尹東柱記念碑建立委員会・詩人尹東柱を偲ぶ京都の会



一般:1000円 中・高・大学生・身障者:700円
[PR]
# by anzu-ruyori | 2013-06-11 11:41 | 平和 自由 
f0032106_11493893.jpg


竹内浩三さんの生誕祭が開催されます。
午前中には、「竹内浩三」研究会があります。

ぜひ お運びください。
13日には浩三さんが入隊した津33連隊の
現自衛隊久居駐屯所への見学(または、伊勢朝熊山登山 お墓と詩碑があります)
を計画中です。

http://www.pref.mie.lg.jp/FUKUSHI/heiwa/shiryou/07-08.htm

歓喜して生きよ!ヴィヴェ・ジョアユウ (「五月のように」より)

【竹内浩三生誕祭】
2013年 5月12日 午後2時から3時半
ところ 伊勢市 赤門寺正寿院(宇治山田駅より徒歩15分)
 Ⅰ部 浩三のエピソードと朗読
    詩人 渡辺正也 姪 庄司乃ぶ代 司会 藤田明
 Ⅱ部 歌 西山 嘉代子

入場無料 参加申し込み不要

主催 竹内浩三を読む会
後援 伊勢市教育委員会
連絡先 赤門正寿院 伊勢市岩淵3-4-25
  0596ー28-4540

【竹内浩三研究会】
「伊勢文学」5号~幻8号 (藤田明さん)
5月12日 午前10時半より11時50分
場所 赤門寺 

(資料の準備などあるとおもいますので、参加される方は
杏(annzu-ruyori@hotmail.co.jp )まで、ご連絡ください
[PR]
# by anzu-ruyori | 2013-04-22 11:53 | 浩三さん(竹内浩三)

京都では、桜がそろそろ

東京はサクラ満開のようですね。

f0032106_11464456.jpg

京都はこれからです。

桜がさくころ、いつも
13年前にかいた自分の文章を思い出します。


:*: ・ ゜ ´★,。・ :*:♪ ・ ゜ ´☆。 。 ・ :*: ・ ゜ ´★,。

未定稿 第14稿 2000年4月10日

桜が咲きました。

あなたはどこで桜を見ていますか。

 私は自転車に乗って毎日 鴨川沿いの桜を見ています。
枝じゅうに折り重なって咲く桜。過剰な花の数は、人の欲望の限りなさを
象徴しているように思う。
 今年は、例年より開花が少し遅かった沈丁花のせいで、むせかえるような
甘い香りとともに桜を見上げるから、よけいに胸がつまる。

 「どうして そんなに 咲くかなあ」 (どうして そんなに咲くのかなあ)

って、声に出していう。

 鼻の奥がツンとなってきて、泣きそうになるから、奥歯をかみしめる。
それと同時に吐き気もこみあげてきて、気分が悪くなる。それでも、
桜から目が離せない。


 目眩(くらくら)するよ。桜は心に中(あ)たる。

 ここ数年、前夫の大事故、手痛い失恋、不如意な就職、知人の自死など
とんでもないことが、この時期にあった。

 「ああ また桜が咲くのだなあ」と思ったら、そのときのことがあまりにも
鮮やかに思い出されて、たまらなくなる。
 「あの時も 桜が咲いていたなあ」と記憶を反芻していまう。もう何年も
経つっていうのに、たまらなくなる。

 桜を見るのが、畏い(こわい)、それでも 桜を見ないではいられない。
遠回りしても、桜の見える道を通ってしまう。桜から目が離せない。


 次の桜を私は誰とどこで見るだろう。
 私は あと何回 桜を見るだろう。

 さくら花 幾春かけて 老いゆかん 身に水流の音ひびくなり  (馬場あきこ作)



:*: ・ ゜ ´★,。・ :*:♪ ・ ゜ ´☆。 。 ・ :*: ・ ゜ ´★,


これから、13年。50歳になって 今年はなんだか「ワクワクして」桜を待っています。
[PR]
# by anzu-ruyori | 2013-03-25 11:51 | 日々ログ
f0032106_21335360.jpg

広河隆一さんがパレスチナを取材してこられた膨大な映像資料が
「ナクバ アーカイブス版」DVD全30巻です。

2012年1月から、毎月 みていこうと連続上映会をはじめました。
(主催 PJプロジェクト パレスチナ難民の里親 京都有志)

ことしも、原則 毎月第三月曜日に開催したいと思っています。

どうぞ、パレスチナの声をききにきてください。

上映後のおかさんのレクチャー、質疑応答が秀逸ですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(「ナクバ」はテーマ別の証言のコレクションによって構成されていますので、これま
で参加しておられない方でも問題ありません。)

広河隆一監督「パレスチナ1948 NAKBA」連続上映会第14回

第6章
「ユダヤ人の平和主義者」の「パレスチナ人とともに」の後半を
観ます。

前回は、ピースナウ、グーシュ・シャローム(代表ウリ・アヴネリ)、
黒衣の女たち、タアーユシュ、イェシュ・グヴウル、ゾフロット
等の団体が紹介されました。

日時:3月18日(月)午後6:45~(開場6:30)

会場:吉田南キャンパス、総合人間学部棟地下、1B05教室
   http://www.h.kyoto-u.ac.jp/access/

 *時計台キャンパスの、東一条通を隔てて、南側にあるキャンパスです。
  その正門を入ってすぐ左手にある建物の地下です。
  午後7時以降は、東一条通に面した北側の通用門からお入りください。


*申し込み不要、無料(どなたでもご参加いただけます)。 
[PR]
# by anzu-ruyori | 2013-03-15 00:53 | 平和 自由 
きょう1月29日は息子の23歳の誕生日。私が母となって23年とは!
まあ、100年ぐらい前のような気もするけど、または前世か。

去年は、財布をプレゼントして趣味にあわず大失敗だったので、ことしは現金にしました。
味気ないけど、すなおに喜んでいました。

昨年のクリスマスには、久しぶりに息子にプレゼントしました。

息子の枕元にバーバモジャの人形と手紙。
f0032106_15282465.gif

クリスマスありがとう

あなたのはじめてのクリスマスプレゼントは、夜遅く帰ってきたお父さんがかってきた
お菓子の入ったサンタブーツでした。

「鈴の音したで!サンタさん来たん違う?」と
私がいうと、あなたはよちよちと階段のところにいき、
扉をあけてプレゼントを見つけました。

そのときの嬉しさいっぱいの笑顔を私は覚えています。

このバーバモジャは、2回目のプレゼントです。私が河原町のソニープラザでみつけました。
「サンタさん、モジャが大好きって、しってはったんやなあ~」というと、不思議そうな顔を
していました。

それからも、毎年のクリスマスプレゼントを探すのは私の楽しい時間でした。
(中学1年の冬まで続きました)

ずっと、私がサンタだということを黙っていたのは、私が子どものころに感じたサンタのプレゼントの不思議さとうれしさを、ずっとあなたに感じていてほしかったからです。
(私が子どもの頃、ただ一度だけ、玄関におかれていた不思議なプレゼントがあったのです。
それが、誰からのものだったのか、私が聞けたのは30歳後半でした。)

世界は不平等と不条理でいっぱいだけど、不思議やファンタジーを信じる気持ちが
生きていく力になると、私は思っています。

いつの日にか、あなたが大切な人のためにプレゼントをさがす日のくることを、
私は願っています。
健やかに育ってくれて、本当にありがとう。

私の最高のプレゼントは、あなたです。 母より



就職活動もしない大学4年でトホホですが、卒業ゼミではこんなことしていました。
「原発のぉと」細川先生ありがとうございます
http://seika-sekai.jp/?p=16078
[PR]
# by anzu-ruyori | 2013-01-29 15:58 | 日々ログ
f0032106_2238297.jpg

ことし4月からレバノンのパレスチナ難民の里親となりました。
里子は、ララさん、9歳。

←写真は、レバノンのパレスチナ難民の子どもたち (ララさんではありません)





4年前の12月28日、ガザからのメールを受け取ってから、パレスチナが私にきました。
それから、朗読劇に参加して、パレスチナとイスラエルのことを知ることになりました。
遠い遠いと思っていた中東に、もしかしたら、いつかいくことになるかもしれないなあと
私は、思いはじめています。

パレスチナの子供の里親運動さんから、緊急募金の案内がきました。
もし、よろしければ募金をお願いします。

シリアからレバノンに逃れてきたパレスチナ難民が
苦しんでいます
緊急募金のお願い


シリアの戦乱は長引いており、既に 44 万人を超える人々がレバノンをはじめとする隣
国などに逃れています。シリアで暮らしていた大勢のパレスチナ難民もまた、生命の
危機にさらされ、国外に逃れています。
シリアからレバノンに避難してきたパレスチナ難民は分かっているだけで 1 万 2 千人
を超えており、その多くが女性と子ども達です。シリア人の避難民は公的な社会福祉
機関からの支援が受けられますが、パレスチナ人はその対象外です。パレスチナ人避
難民は、物価が高く仕事もないレバノンで、たいへん困窮して憔悴しています。この
人たちを受け入れて生活を支えているのは、レバノンで長年暮らしてきたパレスチナ
難民キャンプの住民たちですが、貧困と先の見えない状況の中でこれ以上の負担を背
負いきれなくなっています。
私たちの現地パートナー団体「ベイト・アトファル・アッソムード」は、シリアからの
パレスチナ難民を支えるために積極的に活動をしています。支援物資や生活資金の配
布、幼稚園や心理クリニックへの受け入れ、子どもを招いてのレクリエーション、ソ
ーシャルワーカーによる家庭支援などをしていますが、長引く戦乱のために支援対象
者は増え続ける一方です。今後も支援を続けていくには、多くの助けが是非とも必要
となっています。
皆様、「シリア避難民緊急募金」へのご協力を、何卒よろしくお願い申し上げます。

パレスチナの子供の里親運動          2012 年 12 月

募金先:郵便振替口座  口座記号番号 00120―0― 112249

加入者名   パレスチナの子供の里親運動 (通信欄に「緊急募金」とお書きください)

パレスチナの子供の里親運動

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場 3-21-19 白雲荘 103 号
[PR]
# by anzu-ruyori | 2012-12-18 22:40 | 平和 自由