逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ヒウヒウ泣いていた★竹内浩三 筑波日記★

「五月のように」さんより転載させていただきます。
http://www.h4.dion.ne.jp/~msetuko/tkozo/takeutisakuhin.html

なお、竹内浩三著 小林察編 「日本が見えない」(藤原書店)より
筑波日記 全文と写真版を参照させていただいています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1944年 昭和19年

1月29日
 朝もひるも、夜も演習。
 仕事が時間を追ってくる。
 夜、肥料くさい畑の中をはいながら、きかん銃をひきずっていたら、
うしろの方で、見事な火事がはじまった。ひさしぶりでみる火事である。
 オルゴールを(2字不明)まきしたら、こんなことになるのではないかと思うように、
方々からカンコン、カンコン鐘がなりだし、あびきょうかんが、かすかにきこえた。
 寝たのは23時。


1月30日
 起きたのが2時。
 れい明攻撃であった。
 はげ山の原に、寝ころがっていた。こんな寒さは、はじめての経験である。
土に顔をあてて、ヒウヒウ泣いていた。
 朝の演習で対抗軍になったら、いねむりばかりしていた。
ひるから1時間半ほどひるねがあって、また、演習であった。
 点呼が早かったので、20時にはもうねていた。


1月31日
 朝は、特火点の中で対抗軍をした。銃眼から妙義山をみていると、
状況がはじまり、火えん発射器のの火がとんできた。
 ひるからは、兵器けんさで、夜はまた夜間演習であった。
風が出てきた。はるな山から、砂やら雪やら吹きつけてきた。

f0032106_22245418.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

極寒の中、きびしい演習が続いています。
浩三、泣いてしまいましたね。浩三、がんばって!

自転車で仕事の移動中、風に吹かれて寒いけど
(68年前の)今頃、浩三も相馬が原で冷たい風に吹かれている
と思うと、元気でる私です。
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-01-28 22:39 | 浩三さん(竹内浩三)