逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

息ヲスルマモナイホド イソガシイ★竹内浩三 筑波日記 

「五月のように」さんより転載させていただきます。
http://www.h4.dion.ne.jp/~msetuko/tkozo/takeutisakuhin.html

なお、竹内浩三著 小林察編 「日本が見えない」(藤原書店)より
筑波日記 全文と写真版を参照させていただいています。

http://www.fujiwara-shoten.co.jp/shop/index.php?main_page=product_info&products_id=510&cPath=177_222

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1944年 昭和19年


2月27日

 朝また壕ほりのつづき。
 ひるから対空射空(対空射撃?)
 髪の毛と爪と、29日までに切って、名前を書いて入れておけと云って、封とうをくれた。

2月28日

 風が、飛行場の上をたたきつける。窓をしめておいても、床にほこりがつもる。
 このごろ、まいにちのようにこの風が吹く。
 筑波嵐と云うのはことばだけで、実際にはない。下から吹き上げている。

 風の中で対空射撃であった。
 息をするまもないほどいそがしい。
 
 あさっての外出は出られない。その日だけ、炊事の永吉一等兵と交替と云うことになった。
 寝ようと思っていたら、岩本准尉に呼ばれた。地図を書いてくれと云う。ねむたいところであったので、実に無責任に30分で仕上げた。

2月29日

 起きるとすぐに銃剣術であった。
 松岡中尉に呼ばれてゆくと、移動式トーチカと云う、練習用具の設計図を書いてくれと云う
 つまらぬ仕事であったが、おかげで風の中の対空射撃をまぬがれた。

 ひるから、演習の整列しようかと思っているところへ、空襲けいほうがかかった。
 その動作がおそかったと云うので、中隊長が火のように怒った。
 怒っているうちに、ますます腹が立ってくるらしい。はじめと別なことで怒り出してくる。

 夜間演習があったけれども、編成にもれた。
 寝るころになって、使役に出された。高射托架を壕に埋めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 浩三さんの「髪の毛と爪」は、筑波の風に吹き飛ばされたのだらうか。

 演習、使役に追われて、2月がおわった。

1944年、うるう年。オリンピックイヤーであるが、戦争により中止。開催地はロンドンであった。
戦後、1948年に開催されている。

また、その4年前の1940年大会は東京での開催が予定されていたが、日中戦争の影響により日本が辞退し、ヘルシンキでの開催も検討されたが戦争拡大により中止となった。

ことし、2012年 第30回オリンピックが、ロンドンで開催される。
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-02-26 22:09 | 浩三さん(竹内浩三)