逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中隊長は刀を抜いて子どもをおっかけた★竹内浩三★筑波日記

昭和19年 

5月22日 【月曜日】

 水戸へ射撃にゆく用意をした。
 ひるから出かけた。毛布を二枚もっていた。
 機関銃がくそ重たくて、全身汗であった。
 北条から汽車にのった。土浦で、一時間ほど待った。
 ここに中井利亮がいる。そのことばかり考えていた。

 汽車の中で、夕食になった。
 赤塚でおりて、三キロほど汗をかいた。小学校の講堂へ泊まった。

5月23日 【火曜日】

 射撃であった。天気はよかったけれども、涼しかった。
 午前中は、監的濠にいて、的をごとん、ごとんまわしていた。

 ひるから、キカン銃を射った。
 100点マン点で36点しか当たらなかった。35点が合格点であるから、よいようなものの。こんなまずい点は、いままで、ぼくは射ったことがない。ぼくは、射撃はうまいのである。

 日がくれて帰った。

 赤塚の駅前で、子供が軍隊をよこぎったと云って、中隊長は刀を抜いて、子供を追っかけた。
 本気でやっているのである
 その子供の一生にうちで、これが一番おそろしかったことになるであろうと思った。

 寝たのは二十四時すぎであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中井さんは、宇治山田中学の同級生。
早稲田大学文学部2年時、学徒出陣。
1944年12月宇佐海軍航空隊に少尉として任官。
茨城 百里原航空隊にて終戦をむかえる。
阿川弘之氏の「雲の墓標」に、宇佐海軍航空隊のことが詳しい。

「雲の墓標」は映画にもなっているようだ。
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-05-26 21:30 | 浩三さん(竹内浩三)