逡巡のとりどり@京都


by anzu-ruyori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ふかいりしそうな気配に、ぼくの気持がなりかけている★竹内浩三

昭和19年 

7月1日
 きょうもエンタイつくりであった。きのうのくたびれがかさなっていて、汗と土でどろどろになっていた。にぎりめしが間食に出た。どろ手で、どろ顔で喰っていた。

7月2日
 きょうも、一日エンタイつくりをやって、出来上った。雨がふってきた。
 山室貴奴子から長い手紙がきた。
 ふかいりしそうな気配に、ぼくの気持がなりかけている。

7月3日
 対戦車肉薄攻撃と云ういさましい演習であった。
 ひるから、松林の中で演習していた。
 ぼくの敬愛する漫画家中村篤九が、島田啓三の「勝ちぬき父さん」についで、漫画を連載することになり、そのアイサツに、
「苦しいことつらいことのあとに楽しいことがあるのでなくて、苦しいことつらいことの中に楽しいことがあるのです」と云っている。いいことを云ってくれた。
島田啓三の漫画はちっとも面白くない。この人には漫画家としての素質がない。


7月4日
 休みで外出があったけれども、腹具合がわるいので出なかった。
その辺をかたづけて、十一屋義三郎の『神風連』と云う小説を一頁ほど読みかけたら、ケイカイケイホウがなった。
 宇野曹長の家へとんだ。ヒルからバケツ班であった。夜になっていつも行く飛行場のはしの陣地へ行き、うどんをつくっていたら、テッシュウしてかえれと云ってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中村篤九の文章がおもしろい

http://www.kajika.net/bunko/?%92%86%91%BA_%93%C4%8B%E3、
[PR]
by anzu-ruyori | 2012-07-09 22:39 | 浩三さん(竹内浩三)